• HOME
  • 話題のニュース
  • 早くも名コンビ!?映画『マスカレード・ホテル』木村拓哉&長澤まさみのコメントから分かる“名バディ感“

早くも名コンビ!?映画『マスカレード・ホテル』木村拓哉&長澤まさみのコメントから分かる“名バディ感“

超話題作『マスカレード・ホテル』の完成報告会見が11月20日、都内ロイヤルパークホテルにて行われ、主演の木村拓哉さん、共演する長澤まさみさん、監督の鈴木雅之さんが出席しました。

以外にも刑事役は初めての木村拓哉さん

これまでパイロットや検事など、様々な役柄を演じて来た木村さん。意外にも“刑事役”は初めてとのこと!(意外ですね…)
そんな“念願の”刑事役に木村さんは

「ようやく刑事・警察官のバトンが回ってきた。ただ、クランクインして次の日にはホテルマンになっていたので(笑)足を使って情報を得たり、通常だと必要な刑事の動きはなかった。セカンドを待ちたいと思います」

と笑顔でコメント。

初共演となった長澤まさみさん

本作で木村拓哉さんと初共演となった長澤まさみさんは

「緊張はしました。でも、いつか共演してみたいと思っていたので。実際に現場でお芝居をしていく中で、どんなに私がぶつかっていっても全て受け止めてくれる。(木村の刑事役に)正義感が強くてピッタリだなと思ってました」

と称賛のコメント。

原作者・東野圭吾さんも称賛!

会見では原作者である東野圭吾さんから
「主人公のイメージとして執筆当初から漠然と描いていたのが、まさに木村拓哉さんだった」とのメッセージも寄せられました。

木村さんは、本作の打ち上げで東野圭吾さんご本人と対面したようで、その際に「執筆している時、自分の頭の中で主役は木村さんでした。」と伝えられたことを告白。木村さんも「嬉しかったですね!」と振り返っていました。

既に名コンビ!?ポイントは髪型

ホテルマンを演じる木村さんは、本作で短髪の七三分けを披露。それだけでも新鮮なのですが、その髪型について木村さんは「長澤さんからのウケが良かった」と告白。
それを聞いた長澤さんも「(木村さんは)凄くショートがお似合い。さっきも『また切らないんですか?』って聞いたところでした(笑)」と微笑ましいやり取りを見せてくれました。

ホテルマンの役を演じるにあたって、研修を受けたという長澤さん。
そんな長澤さんのホテルマンぶりに、木村さんは「いつも完璧でした。『本番』の声がかかると、もう山岸尚美になっていたので。共演出来てよかったです。」と終始絶賛でした。

早くも「名バディ感」が出ているお二人。
『マスカレード・ホテル』の公開が待ちきれませんね!おそらく興行収入次第ではシリーズ化も視野に入れているでしょうから、ますます期待値は上がります!!
※マスカレード・ホテル公開日は2019年1月18日

関連記事:一番カッコいい『木村拓哉』作品は何だ? ~映画編~

予告編


作品解説

野圭吾の小説「マスカレード」シリーズ第1弾「マスカレード・ホテル」を実写化したミステリー。
連続殺人事件の新たな現場になるとされたホテルを舞台に、エリート刑事とホテルの従業員が犯人を追う。
主演は木村拓哉、バディ役は長澤まさみ。
『HERO』シリーズで木村と組んだ鈴木雅之がメガホンを取る。

あらすじ

現場に不可解な数字の羅列が残される殺人事件が3件発生する。
警視庁捜査一課の刑事・新田浩介(木村拓哉)は、数字が次の犯行場所を予告していることを突き止め、ホテル・コルテシア東京で4件目の殺人が起きると断定する。
だが、犯人の手掛かりが一向につかめないことから、新田が同ホテルの従業員を装って潜入捜査を行う。
優秀なフロントクラークの山岸尚美(長澤まさみ)の指導を受けながら、宿泊客の素性を暴こうとする新田。利用客の安全を第一に考える山岸は、新田に不満を募らせ……。