『ヴェノム』世界興行収入900億円超え!スパイダーマンを抜いた!

映画『ヴェノム』の全世界興行収入が8億ドル(約880億円)を突破したことが明らかになりました!
この数字は、アメコミ映画として『ワンダーウーマン』『デッドプール』『スパイダーマン』の世界興収を上回る結果となり、歴史に名を刻む作品になったと言っても良いでしょう。

全米公開から1か月

10月5日の全米公開から1か月が経った本作の全米興収は、公開8週目で推定2億1,170万7,620ドル(約232億円)!
11月に公開が始まった日本・中国でも絶賛大ヒットを記録中。
日本での興行収入は早くも20億円超え。中国ではオープニング収入が約118億円を記録するなど、全世界を股に掛けた「ヴェノム旋風」が巻き起こっています。

全米含めた63か国の世界興収が推定8億2,250万7,620ドル(約904億7500万円)となり、続編の製作は間違いなさそうです。

アメコミ映画史に残る大ヒット

この時点で、世界興収はガル・ガドット主演のDC映画『ワンダーウーマン』の8億2,184万7,012ドル(約904億317万円)、サム・ライミ監督が手掛けた『スパイダーマン』の8億2,170万8,551ドル(約903億円)、ライアン・レイノルズ主演のR指定映画『デッドプール』の7億8,311万2,979ドル(約861億円)を超えた記録をマーク!

2020年10月2日に『ヴェノム2』が公開されるとも噂される本作。アメコミ映画の勢いは衰える気配が全くしませんね。