『あなたには渡さない』第3話 感想|愛人続出&変態画家の暴走で名言のオンパレード

【第3話 あらすじ】

旬平(萩原聖人)が多衣(水野美紀)のマンションに通っていることを知り、自分の中にあった旬平への未練を自覚させられた通子(木村佳乃)。
そんな中、通子宛に大角六扇(横内正)から電話が。六扇は、『花ずみ』の仲居・堀口八重(荻野目慶子)と旬平の前の『花ずみ』板長・前田秀治(柴俊夫)がデキているから用心した方がいいと語る。これほど『花ずみ』のために尽くしてくれている八重が? にわかには信じられない通子。だが半月後、六扇の予言を裏付けするように盛況だった『花ずみ』の客足に陰りが…。八重はライバル店のスパイなのかという疑惑が持ち上がる。
さらに、『花ずみ』に“もう一人の愛人”が出現! それは旬平の父親で先代板長の愛人だった鶴代(萬田久子)。そして、その後ろから多衣も現れ、通子と旬平は驚きを隠せない。義父の愛人だった鶴代と、夫の愛人だった多衣…。最初は別々の場所に座っていた鶴代と多衣だが、やがて2人の愛人は通子を巻き込んだバトルを展開しはじめ…!? 女将として、そして女として。通子は一体、彼女たちにどう立ち向かっていくのか――。

※ネタバレ有

八重さん、闇があると思ってたら・・・

六扇から八重と前田ができていると忠告を受けた通子。

実際に、前田は「花ずみ」の料理をパクって雑誌に掲載しており、その影響が店の経営悪化につながる理由の1つとなっていた。

さらに、八重が「花ずみ」に入った予約の電話をわざと断っていた事実が発覚。

通子がそのことを八重に話すと、八重は前田と不倫関係であることを告白した。

「私の女の部分があのひとを求めるの」

と、涙ながらに訴える八重。

このセリフまわし×荻野目慶子=昭和の昼ドラ感がすごい(笑)

前田が若い娘に手を出し始めたことで、気を引こうと「花ずみ」のスパイ行為をしてしまったという八重。

悲しい女心・・・それは理解するけど、人様に迷惑かけたらダメでしょ。

新旧愛人バトル

ある日、先代の愛人・鶴代と旬平の愛人・多衣が同じタイミングで「花ずみ」に来店する。

とんでもない偶然。

旬平の料理に対し、「色気がない。愛人が必要なのでは?」と言う鶴代。

いや、感覚がおかしい。

それに対し、「知らない女でもいてくれたらいいんですけど。」と多衣に聞こえるように言う通子。

ここぞとばかりに嫌味を入れてくるとは・・・(笑)

帰り際、通子が着ていた憎き先代の女将の着物に酒をぶちまける鶴代。

それをきっかけに、今まで黙って会話を聞いていた多衣が「愛人の風上にも置けない!」としゃしゃり出る。

なにこの状況・・・カオスすぎる(笑)

母の体がいらだってる問題

反抗的な態度をとる娘の優美(井本彩花)と腹を割って話そうとする通子。

しかし、「あんたの体が毎朝苛立ってるの、わたし知ってるのよ!」と優美は爆弾投下。

女子高生がこんなセリフ言う?

そもそも、よっぽど経験豊富なお姉さまじゃないと、そんなことわかんないでしょ~(笑)

違和感。

鶴代を味方に・・・

「鶴代のもとに謝りに行って、味方につけて宣伝してもらいなさい」という多衣のアドバイス通り、鶴代のもとを訪れる通子。

元夫の愛人なのにすんなり言うことを聞く通子の感覚も謎。

鶴代は、大嫌いな先代の女将と通子が似ていると嫌そうな態度をとっていたが、話しているうちに通子は愛人向きの女だと見定め始める。

妻より愛人向きなのがわかる気がする、と自ら認めちゃう通子。

そのことで鶴代は「あんた、変よ」と言いつつも、通子を気に入った様子。

確かに通子は変だけど、鶴代も十分変だと思う(笑)

しかし鶴代を味方につけた効果は絶大。

無事、「花ずみ」に活気が戻ったのだった。

変態か!?

六扇に呼ばれた通子。

亡くなった恋人に通子が似ているということから、その女の供養のためにも絵のモデルになってほしいと六扇から頼まれる。

服を着て座っていた通子だったが、六扇が書いていたのはヌードの絵。

戸惑う通子に六扇は突然、「脱いでくれんか?」「目で抱かせてくれ!」気持ち悪いセリフのオンパレードで迫ってくる。

「金ならいくらでもやる」という六扇だったが、通子は女の部分を使って仕事を引き受けていたと言う義母のことを思い出し、その場から逃げ出した。

最後に旬平のもとへ

六扇から逃れ、雨の中、旬平のアパートへ向かう通子。

「多衣と結婚してください」と旬平に告げる。

しかし、旬平のことを「愛しているわ。」とも言う。

旬平は旬平で「本当に多衣と結婚してほしいのか?」とおどおど。

通子は頷き、「だから、最後にもう一度だけ私を抱いて」と言う。

なにやら旬平はまだ通子に言っていない秘密が2つもあるらしいが、多衣と結婚してほしいなら言う意味がない、と。謎。

そして抱き合う2人。

意味わかんない(笑)

Twitterの反応

最後、通子はけじめをつけるために旬平のもとに行ったんだろうけど。

そこで言ってない秘密があるけど言う意味がないとか訳わかんないこと言い始めたと思ったら、結局通子とすんなりベッドインする旬平よ。

いったい何を隠しているのか、何を考えているのか・・・。

『あなたには渡さない』第1話 感想|昭和感あふれる愛憎バトルがいい感じに渋い

『あなたには渡さない』第2話 感想|水野美紀と萩原聖人のペアルックが違和感しかない