『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第7話 感想|煙鴉が消えるも新トリオが大奮闘!深まる謎が気になる!!

【第7話 あらすじ】

窃盗事件が多発している病院に潜入捜査をすることになった13係。班目(中島健人)と美希(石橋杏奈)は潜入捜査のスペシャリスト・瑤子(江口のりこ)の指揮のもと、看護師と研修医に扮して病院へ行くことに。内部犯がいる可能性も考慮し、院内で潜入捜査が行われるのを知るのは外科部長の安斎(神保悟志)と看護部長の鬼塚(猫背椿)の二人だけ。他の医師や看護師に潜入捜査がバレないか緊張する斑目だが、瑤子は堂々と他大学から来た医師になりきり、斑目を驚かせる。清掃員に扮した勝手田(丸山智己)や外来患者のふりをした左門(板尾創路)など13係のメンバーが潜入捜査をする一方、見舞客のふりをして病院に紛れ込んだ窃盗犯“カメレオンの卓”こと米田卓三(半海一晃)は院内を悠然と物色していて…。

そんな中、最近斑目の前から姿を消した煙鴉(遠藤憲一)の逃亡を警戒する皇子山(中村倫也)は、鯨岡(稲森いずみ)に家のガサ入れ(=家宅捜索)を提案するが、なぜか鯨岡は病院での窃盗捜査に専念するようにとガサ入れを認めず…。

院内で具合の悪くなった入院患者の文子とその夫・源蔵を助けて感謝された斑目は、文子が院内で結婚指輪を盗まれたことを知る。元気のない二人に同情する斑目だが、元気がないのは窃盗被害のせいだけでなく、黒い噂の耐えない安斎が手術を担当するためだと相談される。

その頃、応援に現れた皇子山は瑤子から、安斎が窃盗によるデータの漏洩がないかを心配しておりフォローしてほしいと頼まれていた。皇子山は、院内に知り合いの医師がいるようで…。
そんな中、偶然卓三の犯行現場に居合わせた斑目は現行犯逮捕の大金星を上げる!卓三が余罪を吐き、一件落着と思われた矢先、看護部長の鬼塚が、斑目と瑤子に思いもよらない告白をして事件は急展開を迎える…!!

※ネタバレ有

潜入捜査中の13係

病院に潜入して窃盗犯の捜査をする13係のメンバー。

しかし・・・

左門は看護師に怪しまれたことから献血をしてごまかした結果、肝臓の数値が悪く緊急入院。

清掃員に扮する勝手田は、緊急搬送された人の血を見て倒れ、頭を打って検査入院。

美希はなぜかオカリナの演奏会をしている。

さすが13係、期待を裏切らないおもしろさ(笑)

ケムさん、自殺説!?

突然姿を消した煙鴉の家のガサ入れを鯨岡に認められなかった皇子山は、勝手に家宅捜査を実行。

皇子山さん、ピッキングも難なくこなしちゃうのね・・・。おそるべし。

煙鴉の部屋の中には、ガンや自殺に関する書籍などが置いてあった。

さらに、書籍と共に見つかった「バルビツール」という薬を知り合いの医師に確認したところ、劇薬であることが判明。

もしかしたら、煙鴉は病魔に侵されて自殺を考えているのかもしれない・・・と推測する皇子山であった。

新トリオ大逆転劇

鬼塚に手術ミスの隠ぺいが事実であることを相談された班目と瑤子は、皇子山と共にオペ室の潜入捜査に挑む。

しかし、見学者に扮していた班目は、安斎の取り巻きの1人に即効で見つかり追放。

続いて、いつもと違う動きをする鬼塚も怪しまれ、ポケットに入れていたボイスレコーダーを取り上げられる。

最後に、マスクを取られて見つかった瑤子も手術室を出ることに・・・。

ここで、「自分の身を守るために、USBにデータをコピーしていたんですよね。」とハッタリをかます瑤子。

もう誰にも録音されていないと安心しきっている安斎は、PHSにデータが入っていることをばらしてしまう。

そのまま手術が始まろうとした時・・・!

手術台から立ち上がったのはボイスレコーダーを持った班目だった。

まさかの展開!!

一度追い出された班目は、患者になりすまして手術台に乗り、再び潜入していたのだ。

そしてその頃、皇子山は安斎のロッカーからデータが入ったPHSを確保。

これにより安斎は医療ミスの隠匿により失脚することとなった。

ナイスチームワーク!気持ちのいい逆転劇でした~!!

深まる謎

後日班目は、煙鴉が2週間もの間ブドウ糖の点滴だけで病院のセキュリティルームに忍びこみ、あるデータを盗み出したことを皇子山から聞かされる。

ケムさん、わざと自殺に見せかけていたんですね。

盗み出したデータをPCで見ている煙鴉。

画面には「皇子山真理」の文字が記されていた・・・。

Twitterの反応

今回はケムさんの助けなし!チームプレーで事件を解決した班目くんでした。

確実に成長していて嬉しいような少し寂しいような・・・。

そして謎のキーワード。

「皇子山真理」は皇子山の奥さん?姉妹?

ケムさんと皇子山の間の謎がさらに気になります!

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第1話 感想|イケメンなチャラ刑事×強面の大泥棒!初回から大どんでん返しの展開

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第2話 感想|冷えピタケンティー可愛さ爆発!「とんびに揚げ出し豆腐さらわれた気分」!?

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第3話 感想|感動の友情物語?中村倫也のキャラがなかなか良い

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第4話 感想|VS史上最高のスリ・銀次!終わり方にう~ん・・・?

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第5話 感想|皇子山が色眼鏡を外すとき…。切ない逮捕

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第6話 感想|女泥棒に翻弄される班目と美希!本当の優しさって何・・・?