『下町ロケット』第7話 感想|ピンチ続きの佃製作所。野木さんがかっこよすぎる!

【第7話 感想】

ある日、財前(吉川晃司)が佃製作所を訪れた。佃(阿部寛)らは笑顔で迎え、試作中のトランスミッションの説明をする。しかし、そこで財前が告げたのは、突然の取引中止だった。聞けば、帝国重工の次期社長候補と目される的場(神田正輝)により、エンジンとトランスミッションの内製化の方針が急きょ決定したという。長年取引のあったヤマタニに仁義を通し、社運を賭けた挑戦だっただけに、佃をはじめ社員たちも抗議するが、板挟みの財前にはどうすることもできない。さらに財前は、こんな状況でさらに厚かましいお願いをしなければならないと切り出した。それは、佃製作所が離脱するならプロジェクトを降りると言う野木(森崎博之)を説得してほしいというものだった。
自分たちは梯子を外され、そのうえ親友・野木の説得と、さすがに虫がよすぎると激昂する佃だったが……。

※ネタバレ有

喜んだのもつかの間・・・

ある日、佃は殿村(立川談春)と電話をして最近の状況を聞いていた。

嫌がらせを受けながらも、自分にできる“いい米づくり”の信念を貫く殿村。

原点に立ち返った佃は、財前に協力することを決意する。

その方向性が功を奏したのか、木島工業からエンジンとトランスミッションの大口注文を受ける。

トランスミッションを世に出せることに喜ぶ佃製作所の面々。

・・・しかし、木島工業は突然発注先を変更。

エンジンはダイダロス、トランスミッションはギアゴーストが受注することになった。

嫌な悪役達、ホントすぐ邪魔するよね~。

受注失敗に終わった佃製作所。

佃の決意

佃は野木を再度説得しに北海道に向かった。

佃製作所に力がなかっただけで、野木の研究は世に出すべきだと訴える佃。

さらに、「無人農業ロボットの開発を独自に進める」という決意を語った。

佃はまず、野木が実験に使うトラクターのエンジンとトランスミッションの開発を提案。

野木は快く了承し、帝国重工との協力にも応じることにした。

しかし、帝国重工では財前が無人農業ロボット開発から外されてしまう。

ん~、邪魔者ばかりでイライラ・・・。

野木さん、かっこいい~!

財前の代わりに担当者となった奥沢(福澤朗)は、野木に極秘の開発コードを貸してほしいと言い出した。

仕事がしにくくなり、帝国重工に不信感を抱く野木。

その後、佃製作所はエンジンとトランスミッションの試作品を完成させ、野木のもとに納品しに行く。

試作品を高く評価する野木と、より上のレベルを目指そうと奮起する佃製作所側。

そこに奥沢がやってきた。

せっかくいい場面だったのにぶち壊しだよ。

奥沢はしつこく野木の開発コードを狙い続ける。

さらに、佃たちに対し「下請けは下請けらしく、言うことを聞いていればいい。」「お引き取り願いますか?」と言い放った。

いや、「お引き取り願いますか?」って、そもそもここは野木さんの研究所だから(怒)

奥沢ジャストミート何言ってんの!?

そんな奥沢の態度に怒り心頭の野木。

「そんなに開発コードがほしいならくれてやるよ!ただし、全世界に公開してやる!」と宣言。

今後は話の通じる財前を窓口にするよう奥沢に告げ、「お引き取り願いますか?」とバッサリ切り捨てた。

野木さん、かっこよすぎる!あ~、スッキリした!!

後日、帝国重工は無人農業ロボット事業への参入を発表。

しかし翌朝、情報番組で紹介されていたのは帝国重工ではなく、ダイダロス・社長の重田が紹介する「ダーウィン」トラクターだった。

Twitterの反応

とにかく、腹立たしい人が多すぎる!

今回は野木さんが奥沢をバッサリ切ってくれたので少しスッキリしましたが。

そしていよいよ始動した「ダーウィン・プロジェクト」

来週からどうなるのやら・・・こわい、こわい。

『下町ロケット』第1話 感想|大絶賛!イモトのアドリブ涙に感動

『下町ロケット』第2話 感想|軽部のキャラにちょっとハマり始める

『下町ロケット』第3話 感想|嫌味な悪男役がハマるピコ太郎

『下町ロケット』第4話 感想|裏切者がついに判明!殿村との別れにぐっとくる

『下町ロケット』第5話 感想|ゴースト編完結!最後にまさかの闇落ち

『下町ロケット』第6話 感想|「ヤタガラス編」スタート!悪そうな人が続々登場してイライラ・・・