『下町ロケット』第8話 感想|「ダーウィン」 VS 「アルファ1」の対決にハラハラ

【第8話 あらすじ】

満を持して、記者会見の場で無人農業ロボットの開発を発表した帝国重工の次期社長候補・的場(神田正輝)。しかし翌日、朝のニュース番組で取り上げられていたのは重田(古舘伊知郎)伊丹(尾上菊之助)らが手掛けた下町トラクター「ダーウィン」だった。さらに追い打ちをかけるように、週刊誌に的場に関連する記事が。それは、今までいくつもの下請け会社を潰してきたという、的場の暴露記事だった。怒りに震え、後のない的場は無人農業ロボット「アルファ1」の開発を急がせる。
一方、佃(阿部寛)ら佃製作所のメンバーも、敵ながら重田らの鮮やかな手腕に驚きを隠せなかった。そんな時、野木(森崎博之)から大規模な農業イベントである「アグリジャパン」の開催を聞いた佃は、殿村(立川談春)を誘い会場へ足を運ぶ。

※ネタバレ有

親子でライバル関係

ロケット打ち上げ再会が決定した帝国重工。

佃たちも関わることになると思ったが、バルブ開発も内製化を目指し、自社での開発が進められていると明かされた。

そのバルブ開発に携わっている、佃の娘・利菜(土屋太鳳)。

2人は親子でありながら、ライバル関係となったのだ。

佃社長。帰宅した時、気まずそうな感じがあからさまに出すぎ(笑)

それに比べて、家ではただの親子だから仕事では正々堂々とやり合おうと笑う利菜。たくましいね~。

今回の軽部の様子

野木の実験用トラクターの開発に、立花(竹内涼真)らが一生懸命取り組んでいる中、“たかが実験用トラクター”と小馬鹿にする軽部(徳重聡)。

口癖を立花に真似されて複雑そうな表情を浮かべる軽部。

アキが握ってきたおにぎりを積極的に手に取る軽部。

・・・といった具合に、今回は最近存在感の薄かった軽部のショットが多くありました。

イラっとするキャラなんだけど思わず目で追ってしまう・・・(笑)

「アグリジャパン」当日

ついに始まった無人トラクターのデモンストレーション対決。

「ダーウィン」は、走行性能・作業性能・安全性能の課題3つを見事クリア。

一方、「アルファ1」は走行のスピードが遅く、作業もムラが多い。

圧倒的に「ダーウィン」に負けていた。

そして最後課題である安全性能。

カカシの前に進んでいった「アルファ1」は、泥がついたためにセンサーが反応せず止まらない。

そのままカカシを轢いてしまい、坂道で横転!

その様子を見た伊丹は、「帝国重工は地に落ちた!」と高笑いするのだった。

Twitterの反応

https://twitter.com/koitaroudes/status/1069269157869367297

第8話は、かなり悔しい結末でした。

野木さんが気の毒・・・。

最終回まで残り2話。話まとまるのかな?

いまだにピンチ続出&もどかしい展開だけど・・・。

『下町ロケット』第1話 感想|大絶賛!イモトのアドリブ涙に感動

『下町ロケット』第2話 感想|軽部のキャラにちょっとハマり始める

『下町ロケット』第3話 感想|嫌味な悪男役がハマるピコ太郎

『下町ロケット』第4話 感想|裏切者がついに判明!殿村との別れにぐっとくる

『下町ロケット』第5話 感想|ゴースト編完結!最後にまさかの闇落ち

『下町ロケット』第6話 感想|「ヤタガラス編」スタート!悪そうな人が続々登場してイライラ・・・

『下町ロケット』第7話 感想|ピンチ続きの佃製作所。野木さんがかっこよすぎる!