マーベルに新ヒーロー!しかもアジア人が主役!

黒人のスーパーヒーローを制作し、世界中で大ヒットを記録した傑作『ブラックパンサー』も記憶に新しいマーベル・スタジオが新たなヒーロー映画を企画していることが判明しました!
しかもその主役はアジア人!

米Deadlineはマーベル・スタジオは『エクスペンダブルズ』や「ワンダーウーマン」の脚本家であるデビット・キャラハムに『シャン・チー(原題)』の執筆を依頼したと報道!

シャン・チーとは、1973年にカンフーの達人としてマーベル・コミックに初登場したアジア人のヒーローで、中国の国際犯罪組織のリーダーである父のもと武術を叩きこまれて育ったという設定。
「燃えよドラゴン」(73)に端を発したカンフーブームに便乗して生み出されたキャラクターで、原作には当時のアメリカ人のアジア人に対する先入観や偏見が見受けられますが、映画版では相当描写を改めるそうです。

キャストをほぼ黒人で固めた『ブラックパンサー』と同じように、『シャン・チー』ではアジア系の俳優やスタッフを積極的に起用するとのこと。
さらに監督もアジア系の人材を探しているということで、どんな制作陣・キャストになるのか期待が止まりません!
日本人キャストの登場も充分にありそうですね!