アメリカ映画協会が2018年映画トップ10を発表!

アメリカ映画協会(AFI)が、その年の映像芸術に重要な貢献を果たした映画とテレビシリーズを称えるAFIアワードの各部門10作品を発表しました!

映画部門では『アリー/スター誕生』『ブラックパンサー』など話題作が盛りだくさん!
他にも、今年の賞レースを牽引するであろう『グリーンブック』『女王陛下のお気に入り』も選ばれました。

テレビ部門には、今年のエミー賞で最多5冠を獲得した『マーベラス・ミセス・メイぜル』や社会現象となったドラマ『ブレイキング・バッド』のスピンオフ『ベター・コール・ソウル』などが選出!

2018年AFIアワードに選ばれた作品は以下の通り

映画部門

「ブラック・クランズマン」
「ブラックパンサー」
「Eighth Grade」(原題)
「ビール・ストリートの恋人たち」
「女王陛下のお気に入り」
「First Reformed」(原題)
「グリーンブック」
「メリー・ポピンズ リターンズ」
「クワイエット・プレイス」
「アリー スター誕生」

特別賞

『ROME ローマ』

テレビ部門

「ジ・アメリカンズ」(FX)
「アメリカン・クライム・ストーリー ヴェルサーチ暗殺」(FX)
「アトランタ」(FX)
「バリー」(HBO)
「ベター・コール・ソウル」(AMC)
「コミンスキー・メソッド」(Netflix)
「マーベラス・ミセス・メイゼル」(Amazon)
「Pose」(FX)
「Succession」(HBO)
「THIS IS US 36歳、これから」(NBC)

関連記事一覧