『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話 感想|ご主人様に会えて喜ぶポチが可愛い&林遣都さん誕生日での“ポチケーキ”が話題

【第8話 感想】

元弁護士・小鳥遊翔子(米倉涼子)が率いる「京極法律事務所」は集団訴訟で勝訴したのを機に、相談者が次々と詰めかけて大繁盛。そんな中、翔子はかつて弁護していた受刑者・守屋至(寛一郎)と1年ぶりに面会する。実は、公園でNPO法人「貧困を救う会」の幹部職員・市瀬徹(夙川アトム)を殺害した至は1年前、自らも罪を認め、懲役9年の実刑判決を受けていた。しかし弁護していた当時から、至の証言にどうも不自然さを感じていた翔子は、この事件の奥には“隠された何か”があると直感。それを探ろうとしていたのだ!
弁護士・青島圭太(林遣都)から事情を聴いた「京極法律事務所」の面々は、翔子のために一肌脱ごうと決意。一丸となって、事件の背景を洗い直そうとする。ところがその矢先、「Felix & Temma法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎(小日向文世)の差し金で、弁護士会から「京極法律事務所」に業務停止処分の可能性を記載した警告書が届く。しかもその直後、翔子がこつ然と姿を消してしまったのだ! 翔子を失った「京極法律事務所」のメンバーは一人、また一人と去り、とうとう青島だけが残るという最悪の事態に追い込まれ…!?
一方、「Felix & Temma法律事務所」の弁護士・海崎勇人(向井理)は、弁護士資格を剥奪された翔子から至の事件を引き継いだ白鳥美奈子(菜々緒)に、当時のことを再確認。そんな折、海崎は「貧困を救う会」の代表・大峰聡(速水もこみち)に“意外な人物”が歩み寄る姿を目撃し…!
徐々に浮き彫りになっていく、とんでもない真実。一体なぜ至は殺人事件を起こし、翔子は弁護士資格を失ってしまったのか!? そして、解散危機に陥った「京極法律事務所」の運命とは…!?

※ネタバレ有

翔子の過去

翔子は至の弁護を担当していた当時、事件の裏側に隠された真実を探ろうとしてヤクザと接触していました。

NPOの一部は暴力団の資金稼ぎの隠れ蓑となっていたのです。

しかし、ヤクザから情報を聞き出そうとしている現場を週刊誌に撮られたことをきっかけに、翔子は弁護士資格を失ってしまいます。

ずっと謎だった翔子の弁護士資格剥奪について、今回ようやく理由が明かされましたね。

そこまでして事件の真相を探ろうとする翔子。弁護士としての強い思いを感じます。

怪しいもこみち

独自に至の事件について調べを進める海崎と白鳥。

「貧困を救う会」のイベントで代表の大峰に声をかけたのは、天馬でした。

そのイベント会場には「京極法律事務所」に1人残された青島の姿も。

青島は1人になっても調査を続けており、天馬と高峰の関係を疑ってイベントを見に来ていたのです。

ポチ、えらい!!

翔子や他のメンバーがいなくなっても1人で調査を進めるなんて・・・ポチの成長を感じます。

しかも「京極法律事務所」を去っていったはずの他のメンバーも、実は各自で捜査をしていて、いろいろな事実や証拠を掴んで戻ってきました!

最初は翔子に動かされているだけのメンバーだったのに、素晴らしいチームになりましたね。

翔子が戻ってきた!

 

青島は「京極法律事務所」のみんなで掴んだ情報を至に伝えますが、至は本当のことを話そうとしません。

面会の帰り、青島の前に翔子の姿が・・・!

戻ってきた翔子を見つけて駆け寄っていく姿が、ご主人様に会えてしっぽを振っている“ポチ”でしかない(笑)かわいすぎる!

事件の真相

「京極法律事務所」から突然消えた翔子は至の妹に会いに行っており、そこでわかった妹の辛い現状を至に伝えました。

本当は、妹や子供たちを守るために全ての罪をかぶっていた至。

翔子から突きつけられた現実にショックを受け、ついに真実を話し始めます。

至に声をかけ、「市瀬を殺せば子供たちを守れる」と吹き込んだのは大峰でした。

さらに大峰はヤクザを使って妹にも危険が及ぶと脅し、至を殺人犯にしたのです。

悪者はもこみちかー!!いい人そうなのが一番危ないパターンね。

それにしても、もこみちさん。やたら顔が黒いのが気になる(笑)

『京極法律事務所』再集結!

「京極法律事務所」に最後に戻ってきた京極(高橋英樹)は、大峰の母親が天馬と同じゼミだったことを掴んでいました。

その頃、白鳥は海崎に大峰と天馬の毛髪鑑定の結果を報告しています。

もしかして、大峰と天馬は親子・・・?

ついに翔子も事務所に戻り、「京極法律事務所」は再集結!

至が大峰に脅されて殺人を犯したという真実を明らかにするため、裁判をすることになりました。

しかし刑が確定している至が大峰を訴えることは難しいので、別の裁判を起こすことに・・・。

それは、翔子が弁護士資格剥奪に関する損害賠償を天馬に求める民事訴訟。請求額は1円です。

「え、1円!?」って一瞬思いましたが、あくまでも目的は至の事件の真相を明らかにすることなので1円なんですね~。

来週は最終回!どうかスッキリとする結末になりますように・・・!

Twitterの反応

ポチの誕生日!

12月6日は林遣都さん28歳のお誕生日!

ということで、『リーガルV』の撮影現場でキャスト陣からサプライズでお祝いが・・・!

登場したのは“ポチ”をモチーフにした特製ワンちゃんケーキ!かわいい~!!

ポチファンとしてはたまらないですね♪

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第1話 感想|やっぱり大門未知子感強め!?弁護士資格を剥奪されたカリスマ鉄子

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第2話 感想|謝らない斉藤由貴が強烈!恋愛のもつれは怖いよ~

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第3話 感想|いいチームワークだったけど…心に残るモヤっと感

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第4話 感想|ホステス嬢役・ぱるるの本当の目的とは?京極先生の初弁護!

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第5話 感想|ポチの神回で『おっさんずラブ』牧&マロ再共演!

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第6話 感想|初めて負けた一審。天馬のパワハラがえげつない。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話 感想|海崎弁護士が腹立つけど可愛くて困る