『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第9話 感想|班目くんが恋人(?)ケムさんに撃たれる!

【第9話 あらすじ】

班目(中島健人)は煙鴉(遠藤憲一)に利用されていたことが信じられずショックを受けている。そんな中、斑目のIDを偽造した何者かが13係に侵入し、1万円札200枚を部屋にばらまくという事件が起きる。部屋には煙鴉の煙草の香りが残されていて…。煙鴉から13係への明らかな宣戦布告にますます複雑な心境の斑目に、皇子山(中村倫也)は煙鴉がただの泥棒ではなく人を殺していると告げる。

皇子山の言葉から、ある事件を調べた斑目は、5年前ギルバート記念病院の医師だった皇子山の妹・真里が、自宅に持ち帰ったある資料を盗まれた後、不審な自殺を遂げていたことを知り…。鯨岡(稲森いずみ)から斑目の処遇を委ねられた13係のメンバーたちが斑目をフォローし煙鴉逮捕に向けて結束を強めるものの、斑目はそれでも煙鴉が悪人とは思えず…。そんな中、夜道で突然斑目の前に現れた煙鴉は意味深な言葉を語る。自分に近づいた真意を問いただそうと食い下がる斑目に、煙鴉は迷わず銃口を向けて…!!

煙鴉が現場に残したコースターに書かれた『七波隆』という人物が次のターゲットと睨んだ13係は拳銃を携行の上、係をあげて煙鴉逮捕に全力を尽くすことに。会社の名誉顧問をしている七波のオフィスと自宅の侵入ルートを調べていた13係メンバーは、かつて七波が答えていたインタビューから煙鴉の目的は七波の手帳だと予測し、翌日に七波のオフィスで開かれるシンポジウムを張り込むことに。

そして翌日、シンポジウムに詰めかけた人々を見張る13係メンバーたちのもとに駆けつけた斑目は煙鴉の香りに気づき、その姿を探す。一方、現場で七波を見張っていた左門(板尾創路)は、その周りに集まった参加者が全員スリの目をしていることに気づく!!その中の一人が七波を突き飛ばし…!!逃げようとした男を慌てて取り押さえる瑤子(江口のりこ)と左門だが、その隙に煙鴉が現れ…‼
果たして煙鴉が13係へ宣戦布告をした目的とは?そして、煙鴉が斑目に近づいた本当の理由とは!?

※ネタバレ有

謎の言葉

夜、橋で突然班目の前に現れた煙鴉。「虹をつかもうとした」と意味深な言葉を投げかけます。

そんなことより本当に自分を利用しただけなのかを聞きたい班目。

食い下がる班目に対し、煙鴉は迷うことなく銃口を向けて左腕を撃ったのです・・・!

これはショックだね、班目っち。ケムさん、なにも撃つことないのに!

スリ集団

シンポジウムに現れたスリ集団のうちの一人が、七波から手帳を盗んだことに気づいた左門。

他の13係のメンバーも加わってその男を取り押さえているうちに、手帳はスリたちによってリレーされ、煙鴉の手に渡ってしまいました。

知らないフリをして七波に手帳を返し、速やかに去る煙鴉。

七波が手帳の中身を確認すると、重要なページが全て抜き取られており、残ったページには「虹」の文字が。

さすがケムさん、スリ集団に紛れて盗むとは思わなかった。

手帳に大したことは書いてないと主張する七波は明らかに何か隠してるし・・・「虹」って何?謎が深まる。

真っ暗の中…

バーのマスターが煙鴉から預かったコースターに書かれた「阿川義一」の文字と「月」の絵をもとに、満月の夜に阿川宅を張り込む13係。

その様子を確認した煙鴉はブレーカーを落とし、窓ガラスを破って中に侵入します。

暗闇の中で捜査が難航する13係でしたが、美希(石橋杏奈)が壁づたいに音を聞き取ることで、煙鴉の居場所を突き止めることに成功。

美希ちゃんの音を聞き分ける能力、すごすぎる!

その頃、煙鴉は金庫を開錠し、中に入っていた業務日誌を読み込んでいました。

ちょうど煙鴉が破った窓から抜け出そうとした瞬間、班目と遭遇。

煙鴉は何も言わずに素早く逃げていき、班目は間一髪のところで確保できませんでした。

深まる謎と班目の決意

一方、待機していた細面(野間口徹)は、「虹」というキーワードと被害者たちの名前の関係性に気づきます。

「虹」=「RAINBOW」

被害者たちの頭文字を当てはめると、あと4人が狙われると予想し、再度データの検討に取り掛かりました。

13係のメンバーそれぞれが能力を発揮して、すごくいいチームプレー!

会社を後にした鯨岡が車に乗り込むと、後部座席には煙鴉の姿が。

「お久しぶり」と声をかける鯨岡。

「死ぬことになるわ、キタオカさん」と言う鯨岡に対し、「望むところだ」と言い、去っていく煙鴉。

え・・・この2人、どういう関係!?

班目は、煙鴉の目的を懸命に読み解こうとしていました。

「煙鴉は、俺が捕まえます」

この結論に達した班目は、覚悟を決めて13係に宣言するのでした。

Twitterの反応

https://twitter.com/kento__nk313/status/1071405445628092416

たくさんの謎が残ったまま次回に続きます!

なんかもう、いろいろ気になりすぎて・・・早くスッキリしたい!

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第1話 感想|イケメンなチャラ刑事×強面の大泥棒!初回から大どんでん返しの展開

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第2話 感想|冷えピタケンティー可愛さ爆発!「とんびに揚げ出し豆腐さらわれた気分」!?

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第3話 感想|感動の友情物語?中村倫也のキャラがなかなか良い

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第4話 感想|VS史上最高のスリ・銀次!終わり方にう~ん・・・?

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第5話 感想|皇子山が色眼鏡を外すとき…。切ない逮捕

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第6話 感想|女泥棒に翻弄される班目と美希!本当の優しさって何・・・?

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第7話 感想|煙鴉が消えるも新トリオが大奮闘!深まる謎が気になる!!

『ドロ刑‐警視庁捜査三課‐』第8話 感想|皇子山さんが脚フェチから尻フェチに変わりつつある

関連記事一覧