「クワイエット・プレイス」は突っ込みどころ満載!?皆の反応をまとめた!

「音を立てたら、即死」
衝撃的なキャッチコピーですよね。嫌でも気になっちゃう

低予算ながらも、評判の良さから全米でもスマッシュヒットを飛ばし話題沸騰中の映画「クワイエット・プレイス」
ホラー好きならずとも気になってしまう本作ですが、本当に怖くて面白いのか!世間の反応をチェックしてみましょう。

作品解説

『ボーダーライン』『ガール・オン・ザ・トレイン』などのエミリー・ブラントらが出演したホラー。音に反応し人間を襲う何かが潜む世界で、音を立てずに生き延びようとする一家を映す。

あらすじ

音に反応して襲撃してくる何かによって、人類は滅亡の危機にさらされていた。リー(ジョン・クラシンスキー)とエヴリン(エミリー・ブラント)の夫婦は、聴覚障害の娘ら3人の子供と決して音を立てないというルールを固く守ることで生き延びていた。手話を用い、裸足で歩くなどして、静寂を保ちながら暮らしていたが、エヴリンの胎内には新しい命が宿っていた…。

Twitterの反応

賛否両論?

「ツッコミどころが多い」という意見が数多く見られました。
ホラー映画で設定に矛盾が生じることは正直あるあるではありますが、本作のように設定をこだわっている映画だからこそ余計に気になってしまうのかも…。

ホラー史上最も静かな緊張感を味わいたいのなら是非劇場へ!