映画『来る』感想 怖いのは怪物ではなく人間なのです

閉鎖的な雰囲気が漂うJホラーに勢いを与えるような予告や宣伝を繰り返し、話題となっている映画『来る』
鬼才・中島哲也さんが監督を務めるということでも唯一無二の演出に期待がかかっている本作ですが、一体どんな作品だったのか!

そこらのホラー映画とは一線を画す作品が誕生してしまいました

※若干ネタバレあり!

 

来る

作品解説

第22回日本ホラー小説大賞に輝いた澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を、『告白』などの中島哲也監督が映画化。
謎の訪問者をきっかけに起こる奇妙な出来事を描く。
主演を岡田准一が務めるほか、黒木華、小松菜奈、松たか子、妻夫木聡らが共演。
劇作家・岩井秀人が共同脚本、『君の名は。』などの川村元気が企画・プロデュースを担当した。

あらすじ

幸せな新婚生活を送る田原秀樹は、勤務先に自分を訪ねて来客があったと聞かされる。
取り次いだ後輩によると「チサさんの件で」と話していたというが、それはこれから生まれてくる娘の名前で、自分と妻の香奈しか知らないはずだった。
そして訪問者と応対した後輩が亡くなってしまう。2年後、秀樹の周囲でミステリアスな出来事が起こり始め……。

ゾクゾクな冒頭


物語の始まりは田原秀樹が恋人の香奈を連れて三重県の田舎へ帰るところから始まります
その田舎では「ぼぎわん」」と呼ばれる異径の存在が山に人を連れていくという伝承がありました。
基本的に怪物は「あれ」と呼ばれ、その正体や造形は一切不明…
さらに、田原秀樹が当時仲の良かった少女も「あれ」に連れていかれて行方不明になっている様子
その少女が行方不明になる直前に秀樹へと言った言葉
「あんたもいつか連れていかれる」
田舎に帰った秀樹はその言葉を思い出し、脳裏に不穏な感情が沸き上がります

個人的に冒頭はパーフェクトな演出!「これから何かが始まってしまう…」という不気味さが作品全体を包み込んでいました

デフォルメがひどい登場人物

中島哲也監督はいつもそうですが、人物のクセが強すぎる!人間の見たくないところをギュッと詰めました。みたいなキャラばかりなのが面白くて仕方ないです
本作でもクセの強さが凄い。主要キャラを一人一人紹介していきます

野崎


フリーライター
おそらく真琴と付き合っている。以前に結婚歴があったが、子どもの中絶をさせたことが原因で離婚
金になりそうな仕事は何でも取材をする

田原秀樹


要領が良く、外面は最高の男
ブログでもイクメンぶりを執拗にアピールしているが、実際は子育てを妻に丸投げしている。自分の事しか考えていないクズ。イライラすること必至

田原香奈


秀樹の妻
夫の本性、育児がストレスになっている。限界が近づいているのが目に見えて分かるのが辛い
過去に母親から愛されなかったことが大きな心の傷となっている

比嘉真琴


野崎と深い関係にあるキャバ嬢
霊媒師の姉を持ち、真琴自身も霊能力を持っている。見た目とは裏腹に愛情深く優しい

比嘉琴子


日本最高レベルの霊媒師
「あれ」の正体や能力について知っている…?過去の事件からか左目の下に大きな傷がある

逢坂セツ子


TVで有名なタレント霊媒師
助演女優賞をあげたくなる柴田理恵さんの怪演に大注目

話の構造に注意

『来る』という作品は決まった主人公がいる映画ではありません
オムニバス形式で語り部が変わる構造になっており、それぞれの視点で「あれ」に怯えたり、人間関係を垣間見たりすることで視聴者の心情をドンドン変化させていきます

主人公だと思っていた野崎が中盤で退場するという衝撃の展開には開いた口が塞がりませんでした
というのも、野崎というキャラは一見ろくでもない男に見えますが、実際は人間臭くて正義感が隠されているカッコいい奴なんです。
さらに、恋人の真琴も優しい性格。そう!視聴者は「野崎と真琴には頑張って欲しい」と願うように仕向けられているのです
そんな矢先に退場する野崎…
悲しいと同時に「この映画はとんでもないぞ」と心のワクワクが抑えきれませんでした。

野崎がメインから退いてから語り部は香奈に交代
今度は香奈の視点で育児ストレスの深刻さや苦労話を聞かされて心底憂鬱な気持ちになりました
「あれ」の怖さに怯えていた序盤~中盤とは一転して、このパートで描き出すのは“人間の怖さ”
中島監督特有のポップで明るい演出から繰り出される人間の闇。このコントラストこそが本作の魅力であり、気味悪さでしょう
怪物を怖がるホラー映画だと思っていた気持ちを見事に裏切ってくれる中島監督の手腕に拍手しか出来ません

「あれ」VS霊媒師


どうやってオチをつけるんだろうと心配していましたが、最後はまさかの霊媒師バトル映画になりました
比嘉琴子の呼びかけで全国から霊能力者が集まるというジャンプのバトル漫画にありそうな胸アツな展開
正直ここで「ついていけないよこの映画」と思われても仕方ない気がしますが、ここまで別ジャンルに舵をきったのは英断だと思います

沖縄から来た巫女さんたちが乗ったタクシーが「あれ」に襲われて無惨にもやられるシーンは手放しで褒めることしかできません
前作『渇き』でもそうでしたが、中島監督は車の惨殺シーンを描くのが大好きなんでしょうね。

そして肝心の対決ですが、結果は分からず終い
「あれ」の正体は勿論、倒したのかどうかも分からないまま終わってしまいました。
一応原作では、野崎と琴子の立てた推測で「あれ」の正体に言及しているので、映画でも少しは正体について触れ欲しかったのが正直なところ
モヤモヤさせることで面白さが増す作品もありますが、本作に関しては触れなさすぎです

と言っても、世界最大級にお金をかけたであろうお祓いの様子は見ていて最高に楽しくて興奮しました
お祓いに使うセット代だけで製作費の半分使ってるじゃないかと思うほどの壮大さ!
テレビなどで見る「お祓い」ってどこか冷めた感じで見てしまう人が多いと思うんです。そこで中島監督は大真面目に、そして大げさに「お祓い」という行事を表現した
突き抜けたおふざけはシリアスになるという良いお手本を見せてもらった気分です

最後に

原作が「ぼぎわん」という怪物に怯える作品に対して、映画『来る』は人間の怖さ・闇を前面に出した作品でした

もはやホラー映画というジャンルではなく「中島映画」というジャンルでしか言い表せない衝撃作
刺激が欲しいなら本作を観ない手はありませんよ!
日本映画史に残るオムライスの使い方を目撃せよ!

ちなみに原作は『比嘉姉妹シリーズ』として続編が作られています。本作でも魅力を放っていた比嘉姉妹のスピンオフ映画を是非とも作って欲しいものです