映画『バッテリー』感想 これは大切なことを忘れかけた現代だからこそ見るべき作品

延べ1000万部を超える大ベストセラー『バッテリー』
野球に打ち込む少年たちの心情を繊細なタッチで描いた傑作小説として有名ですが、この作品を実写化した作品もまた、とてつもない名作なのです

作品解説

あさのあつこの同名原作を、滝田洋二郎監督が実写ドラマ化。野球に青春を捧げる少年たちを主人公に、その家族、兄弟、クラスメイトとのきずなを瑞々しいタッチで映し出す。
主演に林遣都を据え、脇を固めるのは天海祐希、岸谷五朗、菅原文太ら実力派俳優陣。
さらに、オーディションで選ばれた若手とのコラボレーションが実現した。舞台となった風光明媚な岡山の大自然も見逃せない。

あらすじ

野球にすべてを賭け、自分のピッチャーとしての才能に絶対の自信を持っている原田巧は、中学入学を控えた春休みに岡山県境の地方都市に引越す。
引越し早々、巧はキャッチャーの永倉豪と出会い、バッテリーを組むことを熱望されるが、二人が入部した新田東中学の野球部は、監督に徹底的に管理されていた。

様々な愛情

中学生野球を舞台にしているということで、一見“子ども向けの映画”と思われがちな本作
確かに、画面全体に漂う爽やかさやストーリー展開だけを見れば、子ども向けと捉えるのも間違いではないです。
しかし、友情だけでなく親子愛にもしっかりとフォーカスを当てた丁寧な作風を単に子ども向けで片付けるのは余りにもったいない

友情


自他共に天才だと認める野球少年・原田巧
ですが、協調性に欠けている性格と傲慢さが原因で対人関係は上手くいきません
痛々しいほど自分にストイックで真面目なだけなのに…。無口でコミュニケーションが苦手な巧にとって、唯一の自己表現方法が野球であり、一番自信のあるストレートという球種だったのです。
そんな孤独を極める巧の前に現れた男が“永倉豪”
豪は巧の球を、いや“想い”を全て受け止めてくれる初めての存在でした。
この映画で素晴らしいポイントが、この永倉との出会い~友情を育むまでの描き方
そこまでツンとしており「野球以外に喜びがない」という表情をしていた巧ですが、豪と出会ったことで本当に嬉しいんだなという喜びが見て取れます。速球を取るというプロセスを経ることで原田巧と永倉豪は“運命のバッテリー”として仲を深めていく。なんと素晴らしい青春…!

しかし、とんとん拍子で映画が進むわけもなく、巧と豪の間にも亀裂が入るタイミングが訪れてしまいます
それを感じた周りの大人は2人の間に介入して事態を好転させようとしますが、そんなので再び仲を取り戻すなんて出来るわけがありません!

そういえば、自分が中学生の時を思い出しても、友達と自分の問題なのに先生や親が間に入ろうとするとロクなことになった覚えがありませんね…

『バッテリー』はその描写がリアル
巧の気持ちを受け止められるのは豪しかいないですし、本当はお互いに両者を思いやっているんです。
邦画にしては珍しく説明不足気味な演出も中学生の心情を考えれば何ら不思議ではありません
苛立った理由をぶちまけた巧みに対して。豪が言う台詞「もうええから。投げろ。」
そう、これだけで通じ合えるのが友情なのです

親子愛


バッテリーで描かれたいるのは友情だけでなく、親子愛もきちんと手抜きナシで描かれています
着実に周りとの不協和音を中和していく巧ですが、母・真紀子との関係は上手くいかないまま…
巧の気持ちに寄り添うことを放棄したとしか思えない真紀子の態度には正直イラっとしてしまいました。そんな母親に期待をしない巧の振る舞いも痛々しくて胸が締め付けられるばかり
「これひょっとして最後まで親子愛は微妙なままなのか…?」と思ったその矢先、真紀子が自分の役割に気が付くのです。
もうそこからエンドロールまでの約20分は号泣&号泣でした

本作は青春ドラマの皮を被っているだけだったのです。
奥底にあるのは、対照的な性格の子ども2人を授かった母親の苦悩と、それに気付きながらも心の成長が追い付いていない少年が繰り広げる「母子の物語」だと思っています

まとめ

林遣都さんは『バッテリー』が俳優デビュー作なんですね
この頃から表情の作り方・独特の存在感は光っています。天才オーラが隠しきれていません
数々の新人賞を総ナメするのも納得!

人と人の繋がりが希薄になり、大切なことを忘れかけてしまっている現代だからこそ『バッテリー』を多くの人に観賞してほしいと思うばかりです。