『ヴェノム』海外の映画評論家はどう見た?

11月2日の公開に向け、一層期待値が高まってきている「ヴェノム」
制作会社などの関係で正式なマーベルファミリーではありませんが、今後スパイダーマンとも関わっていきたいと発表するなど、動向から目が離せません。
そんな「ヴェノム」ですが、海外の映画評論家たちはどう見たんでしょう?

解説

マーベルコミックスに登場するキャラクター、ヴェノムが主人公のアクション。地球外生命体に寄生されたのを機に、特別な力を身につけたジャーナリストの戦いが描かれる。

あらすじ

ジャーナリストのエディ・ブロック(トム・ハーディ)は、ライフ財団が人体実験を行っており、死者が出ているといううわさを聞きつける。正義感にかられ、真相を突き止めようと調査を始めた彼は被験者と接触したために、地球外生命体のシンビオートに寄生される。

ヴェノム レビュー


スパイダーマンが出ない時点で論外

ヴェノムと言う映画を成功させるには、スパイダーマンが必要不可欠だ。そして本作が上手くいかないであろう理由の一つでもある。
脚本、展開は上手いことスパイダーマンを登場させずに出来ている。がしかし「スパイダーマンが登場しないことで見えてくる穴」が余りにも大きい。
なぜソニースタジオはヴェノムを作ろうと思ったのか…。
CGや特殊演出に文句のつけようはなく、良く出来たヒーロー映画という見方も出来るだろう。
おそらく制作されるであろう続編に、今から頭が痛い。可能性はかなり低いが、スパイダーマンが出ることを祈る他ないようだ。
-CINEMABLEND

いや~中々厳しい意見ですね…。マーベルとして制作されるのが一番良かったのかも。
まあ会社の関係で簡単には行かないんでしょうけどもね

予想を超える素晴らしい出来

正直なところ心配していた面の方が強かったが、結果的にヴェノムは傑作だった。
特にトム・ハーディーの演技の素晴らしさたるや!確実に俳優として一歩上の段階へとステップアップしたと言えるだろう。
ストーリーに関しては、とても分かりやすい。SF好きの方ならば何度も見たことがあるような展開になっている。
しかしここで飽きさせないように工夫されているのがヴェノムだ。とにかく演出、特殊効果が素晴らしい。是非とも劇場で見るべき作品だろう。
-JoBlo

否定的なレビューの際にも演出は褒められていましたね!楽しみです!

続編を作るべき傑作

ヴェノムは確かな存在感を我々に示した。そしてトム・ハーディーは自身のキャリアに素晴らしいものを残したと言えるでしょう。
特に視聴者がヴェノムに求める「恐怖感」は見事に演出できていました。
確実にヒーロー映画に歴史を刻める傑作と言って良い出来です。この映画のクオリティならば当然続編も作られるでしょうが、その際は是非ともマーベルファミリーに加えてほしいな…。
-Polygon

絶賛も絶賛です。どのレビューを見てもトム・ハーディーの演技を褒める記事が多かったのが印象的でした。

ヴェノムの日本公開日は11月2日!んもう待ちきれない!!