“推し俳優”の弁護士化が止まらない…!【坂口健太郎、菅田将暉、中川大志、林遣都】

弁護士が活躍する作品は数多くありますが、最近特に大注目の俳優たちが続々と弁護士役を演じているんです!

法廷で戦うスーツ姿のイケメン弁護士・・・なんて魅力的なんでしょう。

今回は、弁護士役を演じる“推し俳優”たちの最新情報に注目しました!

坂口健太郎

『イノセンス~冤罪弁護士~』

“塩顔イケメン”の代表格ともいえる坂口健太郎さん。抜群のスタイルと、時折見せるクシャッとした笑顔が魅力的ですよね!

2018年に、ドラマ初主演作『シグナル 長期未解決事件捜査班』で刑事を演じた坂口さんが、今度は少し風変わりな弁護士を演じます。

作品は、2019年1月19日スタートの連続ドラマ『イノセンス~冤罪弁護士~』。

坂口さん扮する弁護士・黒川拓が、科学者らの協力のもとで実証実験を行い、冤罪事件を解決していくリーガルドラマです。

弁護士が活躍するドラマは最近特に続いていますが、この作品は“科学”という他とは異なる視点から事件の解明に挑むところが特徴的。はたして、どんな実証実験が繰り広げられるのでしょうか。

黒川拓は、普段は動きやすいカジュアルな服装をしているという役柄です。

スーツ姿とのギャップも楽しめそうですね!

https://twitter.com/ameba_official/status/1069114769699889152

菅田将暉

『まんぷく』

現在放送中の朝ドラ『まんぷく』。第67話では、菅田将暉さん演じる若き秀才弁護士・東太一が登場し話題となりました。

理不尽な理由で逮捕され、有罪となってしまったヒロインの夫・萬平(長谷川博己)を助けるために現れた東先生。

東京帝大法学部を首席で卒業した超エリートでありながら、初対面の人とは目を合わせられないシャイな性格が欠点。

ものすごくおどおどとした東先生の登場に、菅田将暉さんと気が付かなかった方も多いのではないでしょうか。まさに“カメレオン俳優”!

非常に頼りなさそうな東先生ですが、裁判では凛々しい姿を見せてくれることを期待したいですね!

中川大志

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』

大河ドラマ『真田丸』では豊臣秀頼役、今年放送された『花のち晴れ~花男 Next Season~』では完璧な王子様キャラを演じ切った中川大志さん。

まだ20歳という若さでありながら、その幅広い演技力で主演作が続く実力派俳優です。

そんな中川さんが、2019年1月10日スタートの連続ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』に出演します。

危機管理を専門とする弁護士が戦うのは、スキャンダルの裏側。

社会的窮地に立たされたクライアントを危機から救うべく、特別な技術を駆使しながら奔走する弁護士たちの姿を描いています。

竹内結子さんが、6年ぶりに連続ドラマで主演を務めることでも話題のこの作品。

中川さんが演じるのは、危機管理を専門とする駆け出しの弁護士・藤枝修二。

端麗な容姿とアメリカ最難関のロースクール出身という華やかな経歴でありながら、鈍くさくていじられてばかりいる役柄です。

これまで学生役の多かった中川さん。初めて挑む弁護士役でのスーツ姿も、見どころの1つですね!

林遣都

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』

『ドクターX~外科医・大門未知子~』で天才外科医を演じた米倉涼子さんが主演を務めたことでも話題となった作品。

弁護士資格を剥奪された自由奔放な“元”弁護士が、弱小弁護士軍団「京極法律事務所」のメンバーと共に無謀な戦いへと挑みます。

「京極法律事務所」のメンバーとして、小鳥遊翔子(米倉涼子)にこき使われる若手弁護士・青島圭太を演じたのが林遣都さんです。

あがり症で真面目すぎるがゆえ、交渉での駆け引きには負けてばかり・・・。翔子からは「ポチ」と呼ばれる始末。

そんな頼りないポチが・・・とにかくかわいい!林遣都さんの魅力が存分に引き出されていた役柄でした。

回が進むにつれ、少しずつ立派に成長していくポチの姿。最終回が終わってしまった今、“ポチロス”状態に陥っているファンの方も多いのでは・・・?

あなたの印象に残っている”推し弁護士”は?

弁護士が活躍するドラマは数多くありますが、作品によって違う個性豊かなキャラの登場が見ていておもしろいポイントですよね。

特に、その弁護士役が好きな俳優ならなおさら魅力的に感じてしまいます。

超エリート弁護士や風変わりな弁護士・・・みなさんの印象に残っている弁護士役は誰ですか?