• HOME
  • 話題のニュース
  • 千手観音だ…ホラー映画『サスペリア』が日本版予告&ポスターを解禁!日本版のポスターが最も怖い?

千手観音だ…ホラー映画『サスペリア』が日本版予告&ポスターを解禁!日本版のポスターが最も怖い?

芸術的ホラー映画として名高い傑作『サスペリア』
そのリメイク版(2019年1月25日公開)の日本版予告編とポスターがこの度公開されました。

1977年のドイツ・ベルリンが舞台となっている本作は、監督であるルカ・グァダニーノがオリジナル版をベースに新たな恐怖を創造し、海外でも高評価を獲得中です

この度公開された予告編では、ベールに包まれていた具体的なストーリー内容が徐々に明らかになるような展開が披露。
後半でダンサーが動き出す映像は美しくも不気味な世界観を見事に表現しています。
本作では、音楽を世界的ロックバンド『レディオヘッド』のフロントマンであるトム・ヨークが担当した事でも話題になっており、その旋律は緊張と不安を一気に増長させてくれる優秀なスパイスとなっている様子

併せて公開されたポスターでは「千手観音」のようにも見えるビジュアルがお披露目となりました。
ルカ監督は既にこのポスターをチェック済みで
「素晴らしいポスター。この日本のポスターが僕は世界中の色んなバージョンで一番好きかもしれない」
とコメントしています。美しさと恐怖を両立させた秀逸なデザインに映画への期待値も上がるばかりです。

※海外版ポスター

サスペリア

映画史に名を刻むダリオ・アルジェントの傑作ホラーを、「君の名前で僕を呼んで」のルカ・グァダニーノ監督が大胆にアレンジし、オリジナル版とは異なる視点から新たに描いた。

1977年、ベルリンの世界的舞踊団「マルコス・ダンス・カンパニー」に入団するため、米ボストンからやってきたスージー・バニヨンは、オーディションでカリスマ振付師マダム・ブランの目に留まり、すぐに大きな役を得る。
しかし、マダム直々のレッスンを受ける彼女の周囲では不可解な出来事が続発し、ダンサーたちが次々と謎の失踪を遂げていく。一方、患者だった若きダンサーが姿をくらまし、その行方を捜していた心理療法士のクレンペラー博士が、舞踊団の闇に近づいていくが……。

監督:ルカ・グァダニーノ
キャスト:ダコタ・ジョンソン、ティルダ・スウィントン、ミア・ゴス、クロエ・グレース・モレッツ、ルッツ・エバースドルフ