一番カッコいい『木村拓哉』作品は何だ? ~映画編~

私は所謂「キムタク世代」ではありません。ですが、木村拓哉がどれだけカッコよくてレジェンドなのかは心得ているつもりです。
どっちかと言うとドラマのイメージが強い木村さんですが、ちょっと待ってもらいたい。映画でも一際存在感だしてますから!
ということで木村拓哉さんが出演する映画をいくつかご紹介!

2046

あらすじ

心の底から愛した女性と結ばれなかったチャン(トニー・レオン)は、「2046」というタイトルの小説を書き始める。それは“失われた愛”を取り戻そうと“2046”という場所を目指してミステリートレインに乗り込んだ男女を描いた小説だった。

大作アジア映画


巨匠カーウァイ監督が手掛けたSF&ラブストーリー映画。
作品に関しては、かなりの賛否両論です。というのもかなり静かで抑揚のない映画なので、人によっては退屈だと感じるでしょう。

エンタメ性は求めないで

当時公開されたときは「あの木村拓哉が出演!」的な宣伝をしていたので、観に行く人はエンタメ性を求めたんです。俗に言う万人ウケするってやつです。
しかし本作は全くの逆。かなり人を選ぶ分かりにくい作品なので、もし観ようという人がいるなら少しお覚悟を。

木村拓哉が浮いている?

正直言います。この映画で木村拓哉は浮いてます。
やはり周りはアジアを代表する大スターだらけ。流石のキムタクもオーラで負けているなと感じてしまったのが正直なところ。
後から木村拓哉さんのシーンを無理やり増やしたという話もあり少し残念です。
それでも日本人で唯一このアジア大作映画に出演し、難しい役を演じきったことは本当に称賛されるべきことだと思います。

ビジュアルで言ったら最強にカッコいい!立ってるだけで画になっちゃうのがこの人ですからね。

武士の一分

あらすじ

下級武士の三村新之丞(木村拓哉)は、妻の加世(檀れい)とともに幸せに暮らしていた。しかし、藩主の毒見役を務め、失明してしまったことから人生の歯車が狂い始める。妻が番頭の島田(坂東三津五郎)といい仲であることが判明し、絶望のなか離縁を決意。愛する妻を奪われた悲しみと怒りを胸に、新之丞は島田に“武士の一分”を賭けた果し合いを挑む。

心揺さぶる感動作


日本が誇る映画界の重鎮『山田洋二』監督が指揮を執った感動時代劇。木村拓哉さんが演じたのは、幕末に生きた下級武士です。
個人的キムタク作品ナンバーワン!もう圧倒的に一番好きですねこれが。何度見ても主人公の熱い想いと愛に心揺さぶられて泣いてしまいます。

非の打ちどころがない演技

本作で木村拓哉さんは非常に難しい役どころを演じています。というか、あのキムタクが下級武士!?的な驚きもあり、鑑賞前は不安がありました。その不安を吹っ飛ばしてくれたのが大スター木村拓哉。
他サイトのレビューや感想を見てると「やっぱりキムタクはキムタク」「カッコつけた演技しかできない」なんて感想も目立ちます。
あのね、目腐ってるのかと…。どこをどう見たら「武士の一分のキムタクがカッコつけてる」なんて言えるのかが分からないです。
色眼鏡をかけすぎて正当な評価がされていない気がしてならない本作。観たことがない方は是非!

無限の住人

あらすじ

100人斬りの異名を持つ万次(木村拓哉)は、罠によって妹を失い、謎の老人に永遠の命を与えられる。死ぬことのできない無限の体となったある日、孤独な万次の前にあだ討ちを頼みたいという少女・浅野凛(杉咲花)が現れる。
彼女の願いを聞き入れた万次は、凛と共に剣客集団・逸刀流の首領である天津影久(福士蒼汰)の命を狙う。

ぶった斬りエンターテーメント

本作は上映時間が141分と結構長め。原作の長さを考えるとこれでもグッとまとめた方なんですが、まあ良くまとまってます。素直に拍手したい
とにかくアクションシーンが長く、これでもかと言うほどにたっぷり用意されてます。構成も分かりやすく、一人倒したらまた一人出てくるの繰り返しなので置いてけぼりにされる事もありません。
特にクライマックスは300人斬りというお祭り感!「THE・チャンバラ映画」な本作、堪りません!

木村拓哉にしかない存在感

この作品を観て感じたのが「やっぱり木村拓哉ってスターだわ」ということ
世間的にはガッツリおじさんと言われる年齢のはずなのに、全力でカッコいいアクションをこなしていたし、鬼気迫る表情は彼にしか出せない迫力を醸し出していました。
「無限の住人」からキムタクの重々しい雰囲気が出てきた気がします。ちょっと軽くてカッコいい兄ちゃんから「渋みのある大人」への進化…。出来ればこの路線で渋い役を続けてほしい!

検察側の罪人

あらすじ

都内で発生した犯人不明の殺人事件を担当することになった、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、駆け出しの検事・沖野。やがて、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の容疑者だった松倉という男の存在が浮上し、最上は松倉を執拗に追い詰めていく。

2時間ノンストップの圧倒的緊張感

「正義とは」という難解で重いテーマに踏み込んだ本作。とにかくセリフ量が多く、場面の転換も早いです。ハッキリ言ってモヤモヤする終わり方ではありますが、正義とは何かを追求する映画ですから、絶対的な正解など存在しません。

主演2人の演技バトル


とにかく木村拓哉VS二宮和也の演技が注目される『検察側の罪人』 ですが、実際に物凄い迫力で我々を圧倒してくれます。
2人が対峙するシーンでは思わず汗をかいてしまうほど…。素人意見ではありますが、完璧に近い演技だったんじゃないかと思います。

(関連記事:公開から1か月 「検察側の罪人」を冷静にレビュー

木村拓哉は偉大である

さあ、いかがでしたでしょうか。俳優木村拓哉の魅力が少しでも伝われば幸いです。
「何を演じてもキムタク」とかいう意味不明な色眼鏡は外して見るべき素晴らしい俳優だと僕は思っています。
2019年1月18日からは『マスカレード・ホテル』で主演も務める木村拓哉さん。楽しみすぎて待ちきれません!