私が選ぶ2018秋ドラマランキングTOP5!

2018年10月より放送がスタートした秋ドラマ。今回は話題作が多くて見ごたえがありましたね!

どの作品も最終回を迎えてしまった今、お気に入りの作品・登場人物のロスに陥っている方もいるのではないでしょうか。

今回は、私がハマった秋ドラマTOP5をご紹介します!

ぜひ、みなさんの好きな作品の順位と比べながらご覧になってみてくださいね!

5位『中学聖日記』

物語の舞台は片田舎の中学校。自分を大切に想ってくれる年上の婚約者がいながらも、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・黒岩晶に心惹かれていく女教師・末永聖の“禁断の恋”を、儚くも美しく描くヒューマンラブストーリーです。

生徒と教師の恋愛ということで、放送前から話題となったこの作品。放送がスタートしてからも賛否両論…特に、否定的な声が多かったですね。

私も最初の頃は見ていて共感できないシーンが多く、正直イライラしていました。

でも、なぜか毎週見ましたね。ツッコミながらも。

見続けているうちに不思議と批判的な感情が薄くなり、どんな展開になるのか楽しみにしている自分がいました。純愛を貫き通した主人公2人にのみ込まれた感覚です。

また、担任の先生に恋する黒岩晶を演じた岡田健史さんも印象的でした。

「見たことない俳優さんだな~」と思ったら、なんとこの作品がデビュー作!確かに初々しさがありましたが、それが思春期の学生のイメージとマッチしていてよかったです。

それにしても、いきなり“黒岩くん”として爆発的な人気を集めることになりましたね。出演作品1作にして多くのファンができるなんて素晴らしいことだと思います。

今後の作品出演は今のところ未定。これからの活躍がとても楽しみです!

4位『今日から俺は!!』

累計発行部数4000万部超えのツッパリ漫画が実写化。

金髪パーマで最強の卑怯者・三橋とツンツン頭で正義感の強い伊藤。見るからにインパクト大のこのコンビにすっかりハマってしまいました。

内容としては福田雄一ワールド全開のおもしろさ!福田監督作品ファンにとってはたまらない世界観だったのではないでしょうか。

賀来賢人さんの振り切りすぎている演技、伊藤健太郎さんと橋本環奈さんのバカップル具合、そして随所で見られるアドリブシーン・・・

お気に入りポイントを挙げるとキリがないほどです。

そして、毎回登場する豪華ゲストにも注目が集まりました。

主役級俳優を一瞬のチョイ役で出演させるなんて…、本当に贅沢です。

頭を空っぽにして楽しめる、日曜夜のドラマとしてピッタリの作品でした!

3位『獣になれない私たち』

人生うまくいっているようで、ままならない2人。赤の他人だからこそ本音でぶつかる中、傷つきながら自分らしく踏み出す姿をコメディタッチで、時に切なく描きます。

新垣結衣さんと松田龍平さん、そして田中圭さんといったスタイル抜群の美男美女が主要キャストとして揃ったこの作品。

でも内容は決して華やかではなく、リアルな重さがありました。

特に上司のパワハラシーンは、見ていて苦しくなってしまうほど。身も心も削って、それでも人前では笑顔でいる新垣結衣さんの姿が印象的です。

不器用でどうしようもない登場人物たちを見ていて感じる「なんでもっとうまく生きられないんだろう?」という思い。これは自分自身に対しても当てはまることだったりするんですよね。

だからこそ、ストーリーにグッと引き込まれてしまったのだと思います。

どうしようもない状況でも自分次第で微かな希望が見えることもある。私にとっては少し前向きになれる作品でした。

2位『大恋愛~僕を忘れる君と』

若年性アルツハイマーにおかされる女医と、彼女を明るく健気に支え続ける元小説家の男の、10年にわたる愛の奇跡を描く王道の純愛ラブストーリー。

ムロツヨシさんが相手役・・・!?と放送前から注目度の高かったこの作品。

個人的に大好きな俳優さんなんですが、ラブストーリーのイメージがあまりなかったもので・・・。

それが見始めた瞬間、心を奪われましたね。ムロさんがかっこいい・・・!毎回すごくかっこいい!!

そして戸田恵梨香さんとふざけ合ってるシーンが強烈に可愛らしかったのも印象的です。

こんなにも純粋にキュンとするラブラブシーンがいまだかつてあったのか!?と、そういうシーンがあまり得意ではない私は衝撃を受けました。

記憶がなくなっていく戸田恵梨香さんの思いと、そんな戸田さんを健気に支えるムロさんの思い。胸が引き裂かれそうになるほど切ないストーリーなのですが、微笑ましいシーンに救われます。

神様がくれた最後の奇跡に今季一番の感動をもらいました。

1位『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』

米倉涼子さんが弁護士資格を剥奪された“元”弁護士・小鳥遊翔子を演じた作品。

自由奔放な彼女が、訳ありの弁護士やパラリーガルたちと共に勝利をかけた無謀な戦いに挑みます。

 

 

どうしても『ドクターX』のイメージが強い米倉さん。最初ドラマを見始めた時は、結局一人で問題を解決していくストーリーなのかと思っていました。どうしても雰囲気が大門未知子と似ていたので…。

しかし、物語が進むにつれて、今回は周りの人がいないと何もできない役であることに気づきました。どれだけ有能でも弁護士資格がないので法廷に立てませんからね。

そこで特に大きな成長を見せたのが、林遣都さん演じるポチ。

最初は本当の飼い犬のように翔子の後をついて回って、裁判では失敗続き・・・という頼りなさを見せていたポチが、回を重ねるごとに弁護士として立派に成長。

その姿には感動さえ覚えました。

最終回放送後は、「ポチロス」になった方も多かったのではないでしょうか?

今期で一番いいキャラしてましたね~。

 

米倉さんのスタイルの良さは相変わらず見事!

ラフでおしゃれなファッションも毎回の楽しみでした。

 

来春には新しいドラマがスタートします!

次はどんな作品と出会えるのか、今から楽しみです!