映画化がしてほしい!2018年ドラマランキング発表!

ランキングサイト「ランキング―!」にて、「映画化してほしい2018年に放送されたドラマ」のランキングが発表された。

ランキング―!

今回のアンケートは、10~60代の男女を対象にインターネットリサーチ結果から集計を行ったもの。

「映画化してほしい、2018年に放送されたドラマは?」についての回答を求めた。

調査は2018年11月13日実施。

有効回答者数は15,526人となった。

ランキングTOP10

  • 1位『下町ロケット』
  • 2位『義母と娘のブルース』
  • 3位『アンナチュラル』
  • 4位『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』
  • 5位『おっさんずラブ』
  • 6位『ブラックペアン』
  • 7位『リーガルV』
  • 8位『グッド・ドクター』
  • 9位『ハゲタカ』
  • 10位『家政婦のミタゾノ』

1に輝いた作品は『下町ロケット』(TBS系・10月期)。新シリーズとなる同作は、主演の阿部寛を筆頭に土屋太鳳、竹内涼真ら人気キャストが引き続き登場。2019年1月2日には特別編も放送されるなど、好評を博した。

2位は『義母と娘のブルース』(TBS系・7月期)。主演の綾瀬はるかがキャリアウーマンの義母役を好演。竹野内豊、佐藤健らと共演を果たした。

3位に続いたのは、石原さとみが主演を務めた『アンナチュラル』(TBS系・1月期)。

そして、4位には『99.9-刑事専門弁護士- SEASON II』(TBS系・1月期)がランクイン。

なんと、1位から4位までTBS系ドラマが並ぶ結果となった。

5位につけたのは、社会現象ともなった『おっさんずラブ』(テレビ朝日系・4月期)。同作は昨年12月にドラマの続編となる映画化が決定。2019年夏に公開される予定となっている。