• HOME
  • 話題のニュース
  • 今夏公開!『死霊館』監督ジェームズ・ワン製作の新作ホラー『ラ・ヨローナ 泣く女』

今夏公開!『死霊館』監督ジェームズ・ワン製作の新作ホラー『ラ・ヨローナ 泣く女』

『死霊館』シリーズなどで知られる監督 ジェームズ・ワンが制作を務めた映画『The Course of La Llorona』が、『ラ・ヨローナ 泣く女』の邦題で5月に公開されることが明らかになった。

伝説の怪談

作品の題材となったのは中南米に伝わる怪談「ラ・ヨローナ」。

夫の浮気が許せず嫉妬に狂った女・ヨローナが、夫の愛する我が子を溺死させてしまうストーリーだ。

ヨローナは自分のしてしまったことを後悔し、自殺。

しかし、彼女の魂は呪いとなってこの世をさまよい、殺してしまった我が子を取り戻すかのように、子どもをさらい泣き声を残していくという。

『ラ・ヨローナ 泣く女』

メガホンをとるのは、『死霊館』シリーズ第3弾の監督も任せた新鋭マイケル・チャベス。

ジェームズ・ワン監督が「彼の演出は本当に怖い」と絶賛する人物だ。

製作には、『IT イット “それ”が見えたら、終わり。』などの脚本を手掛けたゲイリー・ドーベルマンも名を連ねている。

主人公・アンナ役を務めるのは『アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン』のリンダ・カーデリニ。

アンナの子供であるエイプリルとクリス役を『アメリカン・スナイパー』のマデリン・マクグロウ、新人のローマン・クリストウが演じる。

【あらすじ】

舞台は1970年代の米ロサンゼルス。

ある母親が子どもの危機を察知し助けを求めるが、ソーシャルワーカーのアンナは連絡を無視してしまう。

しかし、それはヨローナの恐怖の始まりだった。

ヨローナはアンナの子どもたちに狙いを定め、執拗に襲いかかる。

追いつめられていく家族の前に、信仰心を捨てようとしていた神父が現れ、やがて最悪の呪いと対峙することになる。