ハリウッド映画『モンスターハンター』公開予定は2020年9月4日。

ミラジョヴォヴィッチが主演を務める、人気ゲーム『モンスターハンター』の映画が2020年の9月4日全米公開を予定していることが分かりました。

映画『モンスターハンター』の監督は監督はポール・W・S・アンダーソン。

その他にも「バイオハザードシリーズ」を手掛けたスタッフが多く、ほぼ「バイオハザード」と同じチームで制作が進められているといっても良いと思います。。

恐らく、「ゲーム→映画」と同じ流れの作品なので、これが勝利の方程式だと制作側は予感してるのでしょう。

モンスターハンターの世界観

隊長・アルテミス率いる国際連合軍は突然の嵐に巻き込まれ、この世界に存在するはずのない超巨大モンスターたちが居住する異世界へ漂流してしまう。

アルテミスたちはそこで出会った謎の男と共に、超巨大モンスターたちに立ち向かっていくというストーリー。

モンスターハンターのファンからは批判の声が多い?

モンスターハンターといえば、世界中で大人気のゲームシリーズ。

そのため日本だけでなく世界中に熱狂的なファンが多いです。

その作品の映画化とあって、ファンの方々はクオリティを心配して批判する声が多いようです。

しかし、”ゲーム→映画”という形で10億ドル以上の興行収入を叩き出して成功させた、バイオハザードの制作チームが手掛けているとあり、大きな不安はありません。

ただ一点不安があるとすれば、バイオハザード違い、CGなどの映像技術を多用する必要が出てくるため費用面で大きな負担になるのではないかと思います。

とにかく、映画の完成を楽しみに続報を待ちましょう。