• HOME
  • おすすめ作品
  • 今週末に見るべき映画 5選 今週末に絶対見なきゃいけない映画はやっぱりコレ!

今週末に見るべき映画 5選 今週末に絶対見なきゃいけない映画はやっぱりコレ!

先週は、大人気作「アクアマン」や「ファーストマン」といった話題の洋画に加えて、「劇場版シティーハンター」や「コードギアス」、「幼女戦記」といったアニメ映画も多数公開されました。

洋画好き、アニメ好き、映画好きの方々がどの映画を観ようか、と非常に迷ってしまったと思います(笑)

まだ観たい映画を観れていないという人も多いのでは?

そんな中、今週末にも話題の映画や、もう既に好評の映画がいくつも公開されるんです!

今回は皆さんの映画選びが少しでも楽になるように、その中でもおすすめの映画5本を紹介します。

半世界

まず今週見逃せないのがこの映画。

稲垣吾郎が主演で、長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦が脇を固めるという豪華なキャスト。
そして「北のカナリアたち」の阪本順治さんが監督・脚本を務めました。

これだけでも期待は高まりますよね!

私自身は試写会で一足早く作品を観賞することができたんですが…
やはり『半世界』は傑作でした。

物語は邦画にありがちなものでしたが、何より「構成力」が素晴らしかった。

そして大人としての生き方を考えさせられました。

細かなレビューは、こちらの記事で行っているので詳細はこちらをご覧ください。

 

あらすじ

とある地方都市。山中にある炭焼き窯で、炭焼き職人として備長炭を製炭する39歳の紘(稲垣吾郎)は、帰郷してきた中学時代からの友人である元自衛官の瑛介(長谷川博己)と再会する。
彼の一言を契機に、紘は父親から何となく継いで炭焼きの仕事をこなし、仕事を理由にして家庭のことを妻・初乃(池脇千鶴)に任せていたことに気付く。
さらに別の同級生・光彦(渋川清彦)からは、息子の明に対して無関心だと言われてしまう。紘は仕事や家族に向き合おうと決意する一方、瑛介の過去を知り……。

女王陛下のお気に入り

第91回アカデミー賞
9部門最多10ノミネート。

第76回ゴールデングラブ賞
主演女優賞 オリヴィア・コールマン

第75回ヴェネチア国際映画祭
銀獅子賞/女優賞(オリヴィア・コールマン)

以上のような輝かしい受賞歴を持つこの作品。

タイトルに小難しい雰囲気が漂っていますが、女同士の権力争いと有名女優の弾けた演技が光る、クスッと笑える面白い作品です。

簡単に言えば、どろどろの昼ドラ要素を含んだブラックコメディというのが正しいでしょうか?

タイトルだけでこの傑作を敬遠するのはもったいない!

演技力に定評のある女優が主要な役を演じているため、それらの演技力を楽しむもよし。
権力のために闘争を続けるブラックコメディを楽しむもよし。
垣間見える人間の怖さを味わい、恐怖するもよし。
美しい外見とドロドロになった人間の中身の対比を感じるもよし。

様々な楽しみ方ができる興味深く、楽しい作品ですよ!

あらすじ

18世紀初頭、フランスとの戦争状態にあるイングランド。 女王のアンは虚弱なため彼女の幼馴染、レディ・サラが女王の世話ながら、絶大な権力を振るっていた。
そんなある日、新しい召使いアビゲイルが参内し、その魅力がレディ・サラを引きつける。
レディ・サラはアビゲイルを支配下に置くが、アビゲイルの本来の目的は再び貴族の地位に返り咲くこと。
戦争に関しての政治的駆け引きが続く中、アビゲイルは女王の近臣としてサラに救いの手を差し伸べる。
急速に育まれるサラとの友情がアビゲイルにチャンスをもたらすが、その行く手には数々の試練が…。

トラさん~僕が猫になったワケ~

正直、この作品の設定を知った時「これは、微妙だろうなぁ」と思っていました。

結婚して妻子がいるが、いい加減で能天気な売れない漫画家の夫が事故に遭い突然死んでしまう。
しかし、猫として一か月だけ家族のもとに戻り、これまでの愚行を挽回する事に…

といった設定で、主演の北山は猫の着ぐるみを着て演じるというちょっとチープな作品に見えました。
しかし、意外や意外、家族愛をテーマとしたストーリーは非常に感動的で、人間と猫のふれあいのシーンは面白くてクスッと笑えたり。
テンポも良く、着ぐるみ姿の北山がアクセントとなっていて、作品として全体的なバランスが良い。

まさか着ぐるみ姿の主人公の映画で涙を誘われるとは思っていませんでした…(笑)
コメディと感動が上手に共存していて、家族愛でほっこりできる、感動の涙を流したいそんな方にはぜひ見てほしいです!

あらすじ

売れない漫画家の高畑寿々男。
妻・奈津子がパートで稼いだお金をギャンブルに使い、とにかくお気楽な生活を送っていたが、ある日交通事故であっけなく死んでしまう。
そんな寿々男のダメ男っぷりに「あの世の関所」が下した判決は、
”執行猶予1か月。過去の愚かな人生を挽回せよ。
ただし、猫の姿で…。”
トラ猫の姿で奈津子と実優のもとに戻った寿々男は、”トラさん”と名付けられて高畑家で飼育されることに。
愛する家族のために何かしたいと思う寿々男だが、言葉も通じないこの状況でどうするのか。
寿々男は家族になにができるのか、どうやって人生を挽回するのか…

PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2

大人気オリジナルテレビアニメ作品「PSYCHO-PASS サイコパス」のスピンオフ的劇場版。

今回の劇場版は3部作となっていて、既に1部目は公開され待望の2作目が今作です。

「PSYCHO-PASS サイコパス」の時代設定は2112年で近未来SFの物語。

その世界では人間の心理状態や性格を数値化する「シピュラシステム」が導入され、人々はそのシステムによってはじき出された理想の人生に従って生きています。
そして犯罪に関する数値は「犯罪係数」と呼ばれ、その数値を常に管理し、犯罪を未然に防ぐために公安局の刑事課の人々は治安を維持している。

という設定。
主人公の常守朱が所属する公安局の刑事たちは犯罪を犯す前の「潜在犯」を追う。という物語です。

非常に斬新で魅力的な設定で、”近未来SF”を基に”警察もの”と”群青劇”を組み合わせた大人気アニメです。

そのスピンオフとなる三部作の舞台は2110年代の日本とアジア。
その過去、現在、未来に起きる事件を基に、これまで語られていなかった「PSYCHO-PASS サイコパス」のミッシングリンクがついに紐解かれる。

あらすじ

2117年冬、公安局ビルに一台の暴走車両が突入する事件が発生。
その運転手は青森にある潜在犯隔離施設(サンクチュアリ)の心理カウンセラー・夜坂泉だった。
しかし取り調べ直前に夜坂の即時送還が決定する。
監視官の霜月美佳は、執行官・宜野座伸元らとともに夜坂送還のために青森に向かう。
そこで待っていたのは、偽りの楽園だった。

笑顔の向こうに

現在上映中の「十二人の死にたい子どもたち」や「賭ケグルイ」に出演している今人気急上昇中の若手俳優”高杉真宙”が主演を演じ、ヒロインは第35回ホリプロスカウトキャラバン2010にてグランプリを受賞し、多数のCMに出演している安田聖愛が務めています。

本作は、歯科医療の現場をテーマに、若者たちの成長を描いた心温まる青春映画となっています。

正直、主演やヒロインの演技はまだまだ若いと言わざる負えませんが、藤田朋子や丹古母鬼馬二、松原智恵子など実力派の俳優陣が脇を固めているので違和感なく物語を楽しめました。

木村祐一さんも芸人ながら味のある演技を見せてくれましたし、おばあちゃん役の松原智恵子さんがなんだか可愛くて良かったです(笑)

ちなみに本作にはヒロインの同僚役として、youtuberの「ayanonono」も出演しています。

これからは、youtuberがドラマや映画に出演する機会が増えていくはずなので、その第一歩としてこの出演作が成功してほしいですね!

あらすじ

主人公の大地は、技術が高く、容姿も端麗で“王子”と呼ばれるほどの若手歯科技工士。
新人歯科衛生士として東京郊外のデンタルクリニックで働き始めた幼なじみの真夏と偶然再会する。

個性あふれるクリニックの院長や歯科医師などからの信頼も厚い大地だったが、金沢で歯科技工所を営む父親に手がけた義歯を見せると「だからお前は半人前だ」と否定。
同時期に義歯を提供した患者にも全く合わないと突き返されてしまう。

落ち込んでいる大地を励ました真夏だったが、ひょんなことから喧嘩をしてしまい…。
患者が本当に求めていることを突きつけられた大地が見つけた大切なこととは?

最後に

上で紹介した映画の他にも公開される映画は多く、神木隆之介&有村架純主演の「フォルゥナの瞳」など話題作も多いです。

ぜひ、劇場に足を運び作品をお楽しみください!