『トラさん~僕が猫になったワケ~』 感想 いい意味で想像を裏切られます。

猫の着ぐるみを着た「Kis-My-Ft2」の北山宏光さんが印象的な映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』。

そのシュールさから、一見コメディ全開の作品を想像してしまいますが、実際に観てみた結果……、そこには想像もしなかった感動が待っていました。

作品概要

「Kis-My-Ft2」の北山宏光の主演で、板羽皆による同名人気漫画を実写映画化。

交通事故で亡くなった男が猫の姿で家族のもとに戻ってきたことから物語が展開する。

監督は『Sweet Rain 死神の精度』の筧昌也。

あらすじ

売れない漫画家でありながら、酒とギャンブルに溺れるポジティブ男・高畑寿々男(北山宏光)。

競輪で勝った帰りに交通事故に遭い、妻の奈津子(多部未華子)と娘の実優(平澤宏々路)を残して、この世を去ってしまう。

そして寿々男は、死んだ人間の面接が行われる“関所”で、1か月の執行猶予期間に家族のもとへ戻り、家族と自身の本当の心を見つめ直すように、という判決を下される。

しかし、それには「猫の姿」でという条件が付いていた。

猫スーツ姿の主人公

主人公・寿々男が交通事故で亡くなるシーンから物語は始まります。

“あの世”の関所で下された判決は「執行猶予1ヵ月、過去の愚かな人生を挽回せよ。但し、猫の姿で―」

 

その後、画面に映し出されたのは猫スーツを着た北山宏光さん。

ポスターなどでその姿は確認していたのですが、やっぱりシュール感極まりない。一気に力が抜けました。

この世界観にハマれるのか……なんてことも頭をよぎりましたが、そんな不安はすぐ吹き飛ばされることに。

物語が進んでいくうちに、いつのまにか違和感はなくなり、すっかり惹き込まれてしまいました。

猫役を人間が演じるからこそリアルに伝わる寿々男の気持ち。

しかし、あくまでも劇中の人間からは本物の猫にしか見えていないという設定なので、その想いや感情が家族に伝わらないのがもどかしい……。

一見ふざけているようにも見える猫スーツ姿の主人公に、こんなにも心を動かされることになるとは……、いい意味で期待を裏切られました。

北山宏光の演技力

主演を務めるのは、この作品がスクリーンデビューとなる「Kis-My-Ft2」の北山宏光さん。

失礼ながら、まともに演技を見るのはこれが初だったのですが、その演技力の高さに驚かされました。

 

まず、売れないマンガ家でありながらも妻・奈津子の稼いだお金でギャンブルに明け暮れる…という能天気なダメ男っぷりが見事!

もはや素なのでは!?と思ってしまうほど自然に演じていました。

さらに、猫になってからの演技も上手い!

コミカルでありながら、細かい部分にまでしっかり神経が行き届いた“猫”演技。素晴らしかったです。

 

憎めないダメ男、コミカルでチャーミングな猫、そして垣間見える父親として、夫としての顔……北山さんの魅力がギュッと詰まった役だと思います。

この映画をきっかけに、また別の作品での演技も見てみたくなりました。

良質な感動ドラマ

猫になって家族の元に戻った寿々男。

そこですぐ改心して素敵な1ヵ月を過ごす……かと思いきや、ダメダメっぷりは猫になっても治りません。

あることをきっかけに、ようやく“大事なこと”に気づくのですが、そのタイミングが遅すぎる!

そこから寿々男がどんな奇跡を起こすのかが見どころになっています。

派手な展開はありませんが、じんわりと心が温まって自然と涙が溢れるストーリーです。

いわゆる“お涙ちょうだい”系のあざとさがないのが好印象。

上映時間も約90分と短めなので、お子さんと一緒に観る作品としてもおすすめです。

涙を誘う主題歌

ストーリーはもちろんのことながら、この作品の主題歌であるKis-My-Ft2の「君を大好きだ」もグッとくるポイントとなっています。

本作のために書き下ろされた同曲の作詞を担当したのは藤井フミヤさん。

『メロディーから浮かんだイメージ』『映画の脚本を読んで得たイメージ』『キスマイのメンバーが歌っているイメージ』そして『キスマイのファンが聴いているイメージ』…それをひとつのハートにした、という歌詞がストレートに胸に沁み入ります。

作品の世界観を盛り上げるハートフルなラブソング「君を大好きだ」にも、ぜひ注目してみてくださいね!

まとめ

主人公が猫の着ぐるみ姿という、一見シュールなビジュアルからは想像もできないほど素敵な作品です。

クスッと笑ってしまう場面あり、涙が溢れてしまう場面ありの良質な感動作。

寒い日にぴったりの心温まる物語となっていますので、ぜひ劇場に足を運んでみてください!きっと、いい意味で期待を裏切られますよ!