『翔んで埼玉』 今世紀最大の茶番劇!その魅力とは…?

2月22日に公開される映画『翔んで埼玉』。
禁断のぶっ飛び埼玉ディス漫画が奇跡の実写映画化!
今回は、劇場に行く前に知っておきたい『翔んで埼玉』の魅力をご紹介します!

作品概要

「パタリロ!」で知られる漫画家の魔夜峰央が1982年、当時自らも居を構えていた埼玉県を自虐的に描いたギャグ漫画として発表し、30年以上を経た2015年に復刊されるとSNSなどで反響を呼んだ「翔んで埼玉」を実写映画化。
主演は二階堂ふみとGACKT。
「のだめカンタービレ」シリーズ、「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内英樹監督がメガホンをとる。

あらすじ

かつて東京都民からひどい迫害を受けた埼玉県民は、身を潜めてひっそりと暮らしていた。
東京都知事の息子で、東京のトップ高校である白鵬堂学院の生徒会長を務める壇ノ浦百美(二階堂ふみ)は、ある日、アメリカ帰りで容姿端麗な謎の転校生・麻実麗(GACKT)と出会う。
百美は麻実に淡い恋心を抱き、互いに惹かれあっていく。
しかし、麻実が埼玉県出身であったという衝撃の事実を百美が知ってしまい、2人は東京と埼玉の県境で引き裂かれることとなってしまうが……。

【伝説パート】×【現代パート】の2部構成

本作は【伝説パート】と【現代パート】の2部構成となっています。

【伝説パート】は、主人公である百美や麗が活躍するという、原作の設定を生かしたストーリー。
舞台は“かつて”の埼玉県。
百美と麗は、埼玉県人が東京都へ入る際に必要な「通行手形」の廃止と、自由を求めて闘い始めます。
しかし、そこに立ちはだかるのは対抗勢力の千葉県と、東京都と親密な関係を築く神奈川県。さらには、群馬県、栃木県、茨城県をも巻き込んだ壮大な抗争へと発展していき……。
はたして、百美と麗は自由を手にすることができるのか!?
関東一帯の各勢力が複雑に絡み合う、まさに“伝説的”な物語です。

一方、【現代パート】は埼玉県在住の家族「菅原家」を通して、その伝説を振り返るというオリジナルストーリーとなっています。
娘の結納のため、一路東京へ向かう菅原家の面々。その道中、車内のラジオから流れてきたのは、百美と麗らが埼玉県人の自由と誇りをかけた戦いの日々を綴った物語でした。
このラジオ放送は、菅原家にどのような変化をもたらすのか?その結末が見どころとなっています。

超豪華なキャスト陣

主人公・壇ノ浦百美を演じるのは、女優の二階堂ふみさん。
高校2年生でありながら、東京屈指の名門校・白鵬堂学院の生徒会長をつとめている、東京都知事の息子という役どころです。

そして二階堂ふみさんと共にW主演を務めるのは、歌手のGACKTさん。
白鵬堂学院3年の転入生で、容姿端麗、成績優秀、スポーツ万能…と、全てパーフェクトな大手証券会社の御曹司・麻実麗を演じます。

注目のポイントは、二階堂ふみさんが男性である百美役を演じるということ。
さらに、GACKT様というまさかのキャスティング。しかも、高校生役…!
そして!そんな百美と麗が恋に落ちる…という、純愛ボーイズラブ展開

もうこれだけでも見どころ満載ではありますが、この作品は脇を固める超豪華なキャスト陣もすごく魅力的なんです!

百美の家族の執事でありながら、“千葉解放戦線員・リーダー”という裏の顔を持つ阿久津翔役には伊勢谷友介さんが。
また、“伝説の埼玉県人”埼玉デューク役には京本政樹さんがキャスティングされています。

他にも、中尾彬さん、竹中直人さんといったベテラン俳優から、島崎遥香さん、成田凌さんといった人気若手俳優まで豪華メンバーが勢ぞろい!

それぞれ、どんな個性あふれるキャラクターを演じるのか…!?期待が高まります!

未完の原作「翔んで埼玉」

この作品の原作は、漫画家・魔夜峰央さんが1982年に発表し、2015年に単行本として復刊された漫画です。
テレビ番組やSNSで話題となり、復刊からわずか3年で発行累計部数が66万部を突破するという大ヒットを記録しています。

注目すべきは、原作の漫画が完結していないということ。
魔夜峰央先生自身、「続きを書く予定はない」とコメントしている“未完の作品”なのです。

予測不可能のラストに向けて、ストーリーがどう展開していくのか?

そして、原作でもおなじみの、
「そこらへんの草でも食わせておけ! 埼玉県民ならそれで治る!」
「ああいやだ! 埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!」
…といった、ヤバい名言の数々に注目です!

まとめ

あらすじやキャラクター設定を見るだけで、面白い予感しかしない『翔んで埼玉』。
豪華俳優陣と、原作を生かしたオリジナルストーリーに注目です!

公開は2019年2月22日。
今世紀最大の大・茶番劇。ぜひ劇場でお楽しみください!