• HOME
  • 話題のニュース
  • 『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレックの新作『パピヨン』 6月21日公開決定!

『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレックの新作『パピヨン』 6月21日公開決定!

『ボヘミアン・ラプソディ』で第91回アカデミー賞の主演男優賞に輝いたラミ・マレックと『パシフィック・リム』のチャーリー・ハナムが共演する映画『パピヨン』の公開日が6月21日に決定!
また、それに合わせて日本版ビジュアルもお披露目されました。

映画『パピヨン』

作家アンリ・シャリエールのベストセラー自伝小説を、名匠フランクリン・J・シャフナー監督が1973年に映画化した同名作のリメイク版。
終身刑囚“パピヨン”と紙幣偽造の天才ドガの、13年にわたる脱獄劇を描きます。

リメイク版のメガホンをとるのは、『氷の季節』が第31回東京国際映画祭で2冠を獲得したデンマークの新鋭マイケル・ノアー監督。

パピヨン役のハナム、ドガ役のマレックがバディを組み、物語に新たな命を吹き込みます。

ラミ・マレック×チャーリー・ハナム

ドガ役には当初からマレックが候補のトップに挙がっていましたが、多忙なスケジュールのせいで一時は出演が危ぶまれたことも。
その際にはハナムが自ら動いたそうです。

ハナムは、「僕にとってラミ以外の選択肢はなかった。彼がドガを演じるというアイデアに固執するようになり、いよいよラミの出演が不可能な状況になりそうになったとき、彼に電話をかけ、『ブラザー、やり抜こう! この映画を俺たちで実現させるんだ!』と言ったんだ。そのとき、僕らはお互いをよく知らなかったし、彼にとってはある種のプレッシャーだったと思う。でも、ありがたいことにラミは僕を受け入れてくれたんだ」と振り返ります。

一方のマレックも、「この物語のリメイクは非常に刺激的になると感じたんだ。新たな解釈をするには、十分な時が経っている。僕はホフマンの解釈するルイ・ドガが好きだ。そして僕は、このキャラクターをもう少し尖らせ、脆さを抑えた。ドガを演じることは本当に楽しいことだった」とコメント。

そしてノアー監督は、2人の演技について「彼らはお互いの素晴らしさを引き出し合った。それが今回の映画化において、私がもっとも誇りに思うことの1つです」と評価しています。

日本版ビジュアルも公開!

今回、合わせて公開された日本版ビジュアルは、ハナムとマレックの横顔を鎖が取り巻くようなデザイン。
オリジナル版のポスターにオマージュを捧げながら、よりスタイリッシュにアップデートされたものになっています。

 

映画『パピヨン』は6月21日よりTOHOシネマズ シャンテほか全国で公開。

なお4月中旬には、日本で長らく絶版となっていた原作本が、河出書房新社より文庫として復刊される予定です。