『カメラを止めるな!』曽根剛の監督新作『二人小町』製作決定!

映画『カメラを止めるな!』で撮影監督を務め、第42回日本アカデミー賞・優秀撮影賞を受賞した曽根剛が、自身の監督作『二人小町』を製作することがわかった。

映画『二人小町』

芥川龍之介の戯曲を原案にした『二人小町』は、香港を舞台に、死神と同姓同名の2人の女性が織りなすダークファンタジー。

地獄へ連れて行く女性と恋仲になるという趣味を持つ、死神の王喜龍。
次に地獄へ導く黎小町に近づき、親密な関係を築いていたある満月の夜、王は自分が死神であると告げる。
狼狽する小町は、王との子を宿していると嘘をつき、死から逃れようとする。
彼は「名前と年が同じ女を身代わりに地獄へ連れて行く」と話し、小町はこれに応じ同姓同名の友人・黎小町を差し出す。
もうひとりの小町のもとに向かった王は、本当の恋に落ちていく。

セリフは全編広東語となり、香港ロケにて3月より撮影が行われる。

主要キャスト解禁

死の運命に背くヒロイン・小町を演じるのは、香港で女優・モデルとして活躍し、近年は日本にも活動の場を広げているハンナ・チャン。
「この役は私にとって新たな挑戦で、とても興奮しています! 精一杯演じさせて頂きます」と喜びを明かした。

小町に運命を押し付けられるもう一人のヒロイン、同姓同性の黎小町を演じるのは、同じく香港で女優・モデルとして活動するエリズ・ラオ。
「日本のクルーと仕事をするのは初めてですが、きっと楽しいものになると思います」とコメントしている。

そして、香港に単身で渡って13年、俳優だけでなくタレントとしても幅広く活躍する和泉素行が、2人の小町の運命を握る死神・王喜龍役に。
「僕の大好きな香港と広東語がもっと多くの人に知れわたるきっかけにもなればうれしいです」と抱負を語った。

「カメ止め」キャスト・濱津隆之も出演

『カメラを止めるな!』で曽根監督とタッグを組んだ俳優・濱津隆之の出演も決定。
役柄はまだ明らかになっていないが、「初めての海外撮影ということで全くどうなるのか想像がつかないですが、そういうドキドキも楽しみながら挑んでいきたいと思います」とポジティブに意気込んだ。

映画『二人小町』は2020年公開予定。