『家売るオンナの逆襲』第9話|「許さない」留守堂さんの愛が憎しみへ…!

★前回までのあらすじはこちら

【第9話】

万智(北川景子)は高齢の母親と同居するための家を探す独身女性・馬場礼子(酒井若菜)を担当する。礼子は、立地にこだわりはないが母のために畳のある家にしてほしいと話す。
一方、庭野(工藤阿須加)は築45年の古家を売るべく、施工会社の真壁(入江甚儀)と協力して内装のフルリノベーションを進めていた。

そんな中、万智と屋代(仲村トオル)の順調な夫婦関係を前に嫉妬に悩む留守堂は、“密かに思う心の自由”に限界を感じ始め……?

売上の伸び悩むメンバーたちは現地販売で大奮闘!新宿営業所、家爆売りの予感!?
その裏で、孤独な留守堂の愛に爆発のカウントダウンが始まる……!

ド派手夫婦とストーカー

テーコー不動産、定休日。
仲良くショッピングをするサンチーと屋代課長。
屋代課長が試着しているのは、真っ赤なスーツ!

「会社に着ていったらみんな驚くよね~?」って、まさかの出勤用だとは…。

こんなド派手なカップル歩いてたら絶対ガン見しちゃうな~。

そんな2人の様子をこっそり見ている留守堂さん。
屋代課長と同じ赤いスーツを着て、2人が立ち寄ったタイ焼き屋さんで自分も同じようにタイ焼きを買って…

もう完全にストーカー。だけど、その姿が切なすぎて見てるだけで辛い…!

似た者同士の2人

庭野と施工会社の真壁。
同年代で似た者同士の2人はすっかり意気投合した様子。

自分のことを「自分」と言うあたりも全く同じ。
今まで庭野が「自分」って言っててもそんなに気にならなかったけど、2人揃うとかなり鬱陶しい(笑)

絶好調な足立王子

虚ろな様子の留守堂に対し、スランプを抜け絶好調の足立王子。
クライアントの気持ちに寄り添い、ニーズに対して確実に応えていきます。

留守堂さんへの恋で乙女モードの足立王子も可愛かったけど、華麗に家を売る足立王子がやっぱり1番素敵!
今回も抜群にキラキラと輝いていました。

愛から憎しみへ

サンチーを母校に呼び出した留守堂。
サンチーへの想いで心も体もパンパン…。もう破裂しそうであることを打ち明けます。

そんな留守堂に対し、「迷惑です!」と言い放つサンチー。
さらに、留守堂が記憶している人工呼吸の相手“女神”は自分ではなく人違いである、と。

小学生の頃、留守堂に餃子をあげ、プールでおぼれた時に人工呼吸をしてくれた本当の“女神”・ヤマダカズコちゃんを、サンチーは探し出して連れてきていました。

まさかの記憶違い…!勘違いでサンチーのことを想い続け、整形して、名前を変えて、不動産屋にまでなってしまったとは……。
ドジのレベル通り越してるよ、留守堂さん。

自らの人生の意味が揺らいだ留守堂は、万智への愛情が怒りへと変化。
「三軒家万智……、許さない」と憎しみを露わにするのでした。

Twitterの反応

https://twitter.com/usume_chan/status/1103294628965437441

第9話 まとめ

新宿営業所のメンバーが絶好調で爽快感があった反面、留守堂さんのサンチーに対する想いは憎しみへ。
勝手に勘違いしてただけなのに、逆恨みするなんて……これはひどすぎる!
愛が重かった分、怒りの暴走が怖いです。来週、どうなることやら…。

そんな次回は最終話。もう終わってしまうなんて寂しい限りです。
予告を見ると……、なんと舘ひろしさんがメインゲスト!超豪華!

ハッピーエンドを期待して放送を楽しみに待ちたいと思います!