佐野勇斗が涙を流して熱唱!『小さな恋のうた』メイキング映像公開

俳優の佐野勇斗が主演を務める映画『小さな恋のうた』のメイキング映像とポスタービジュアルが公開された。

『小さな恋のうた』

本作は、平成で最も歌われた男性アーティスト楽曲のカラオケランキング1位に輝いたMONGOL800の楽曲「小さな恋のうた」をもとに製作された作品。
プロデビューが決まるなど喜びの絶頂にいた高校生バンドが、ある事故をきっかけに行く先を見失い、1曲のデモテープに出会ったことから再び楽器を手に立ち上がる姿を描く。
これまで同バンドの映像作品を手掛け、メンバーの高校時代の後輩として結成当初からその歩みを見守ってきた山城竹識氏が企画・プロデュースを担当。
『雪の華』の橋本光二郎監督がメガホンをとり、『つみきのいえ』の平田研也氏が脚本を担当した。

主人公の真栄城亮多を演じるのは、ボーカルダンスユニットM!LKとしても活躍中の佐野勇斗。
そして、亮多のバンド仲間でドラム担当の池原航太郎役で森永悠希、同じくバンド仲間で苦渋の選択をするベース担当の新里大輝役で鈴木仁が出演する。
また、唯一の女性バンドメンバーの舞を山田杏奈が演じ、舞の兄にして亮多の親友である譜久村慎司役を今作が役者デビューとなる眞栄田郷敦が務める。

メイキング映像公開

このたび公開された映像には、佐野や森永らキャストたちが半年以上のトレーニングを経て、「小さな恋のうた」をさまざまな場所で演奏するシーンの裏側が映し出される。
終盤では、佐野が感極まって涙しながら演奏しているシーンも。
また、「このメンバーとなら、爆発的なものを起こせるんじゃないかな」と佐野が映画に懸ける思いや、音楽、バンドに対する思いを語っている姿が収められている。

あわせて公開されたポスタービジュアルには、フェンスの向こうにたたずむ少女の姿を囲むように、バンドメンバーたちが音楽に熱中している姿が。
そして中央には「届け。あなたにー。」と力強い言葉が掲げられている。

映画『小さな恋のうた』は5月24日(金)全国ロードショー。