『三度目の殺人』の楽しみ方・考察 完全版

日本人映画監督でいま最も国際的な評価をされている、是枝裕和監督。
2017年に公開された『三度目の殺人』は重いテーマと謎を残すラストで賛否両論を巻き起こしました。
「意味が分からない」「つまらない」なんて言われがちな本作。一体何を伝えたかったんでしょうか。

あらすじ

勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛(福山雅治)は、殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を渋々引き受ける。クビになった工場の社長を手にかけ、さらに死体に火を付けた容疑で起訴され犯行も自供しており、ほぼ死刑が確定しているような裁判だった。しかし、三隅と顔を合わせるうちに重盛の考えは変化していく。三隅の犯行動機への疑念を一つ一つひもとく重盛だったが……。

主要キャスト

重盛朋章(演 – 福山雅治)
三隅高司(演 – 役所広司)
山中咲江(演 – 広瀬すず)

※ネタバレしまくりです!

犯人は誰?

まず事件の犯人ですが、ストーリー通り三隅です。
しかし、三隅は終盤になってから自身の証言をひっくり返します。最初は犯人だと認めていたのに急に「私はやってない」というもんですから視聴者もびっくりです。
ここで我々は三隅に翻弄されているワケですね。

なぜ三隅は証言をコロコロ変えた?

恐らくですが、全て三隅の計算です。三隅がコロコロ証言を変えるおかげで重森以外の弁護士から全く信用されないという状況をワザと作った。
なぜなら「自分を死刑にさせるため」

殺した理由


なぜ三隅は社長を殺したのか。それは咲江を守るため。
咲江は実の父親である社長から性的暴行を受けていました。しかも母親はそれに気づいているにも関わらず見て見ぬふり。

この事実を知った三隅は社長が許せなかった…。殺す以外に咲江を助ける方法はないと悟ったのです。映画中盤で差し込まれる三隅と咲江が死体に火をつけるシーン。
あれはおそらく現実に起きた出来事…。夢だと思わせるミスリードを仕掛けけたのでしょう。

咲江を守る理由

これはとても単純で三隅の娘と咲江を重ねたからです。三隅の娘も足が悪いことが劇中で語られています。そう、咲江との共通点ですね。
事実、重盛たちが無断で三隅の娘を探した際、そして咲江が性的暴行の事を裁判で証言すると報告した時、三隅はこれまで見せたことのない感情の揺れを見せます。
その理由は、もしも咲江が性的暴行を証言してしまったらこれからの社会生活に支障が出るため。
親心とも言い切れない。優しさという言葉もきっと不正解。歪な真実がそこにはあったんです。

三隅は死にたかった。

きっと三隅は死にたかったんです。死刑にして欲しかった

30年前に起こした殺人事件の際、三隅は情状酌量で懲役刑となりました。三隅が殺したのは取り立て屋で皆を苦しめていたから。
つまり、殺されても仕方ない人間を殺してくれたと周りが思い込んだんです。
三隅の本当の感情・真実なんて誰も聞きやしなかった。そして同時にそんな社会に絶望し、今回の殺人は情状酌量の余地もないように仕向けた。

三隅は空っぽの器

三隅は「自分の意志」がない人間。いつも周りの感情をすくい取って、あたかも自分のモノのようにしてきた。そんな男なんです。
そしてそんな自分に興ざめしていたはず。周りの人間の勝手な思い込みが自分を巻き込んでいく…。
理解してもない奴らが自分を理解したような顔をする。「空っぽの自分」に気付いてくれた人なんて誰もいなかったんでしょう。

そして今回は咲江の殺意が三隅の器に入ってしまった。

本作のラストで重盛が三隅に言う台詞

「貴方は、器?」

この台詞の真意が分からないという人も多いようなんですが、シンプルに空っぽの器という意味です。

タイトルの意味と雪山の意味


『三度目の殺人』なんて言うもんだから3回殺人事件が起きると思ったのに2回しか起きていません。なんて野暮なことは言いませんよ

一度目⇒30年前に三隅が起こした殺人事件
二度目⇒本作でメインとして扱われる工場社長殺人事件

正確には三度目は「これから起きること」です
それは「三隅の死刑」
三隅を殺したのは、弁護士の重盛。と言いたいんですが、三隅を殺したのは三隅を守り切れなかった重盛ではなく、真実に向き合おうとしない「社会」でしょう。

誰も三隅を真に理解しようとしない廃れた社会。
ラストシーンで重盛が十字路に立ち尽くすシーン。十字架=裁きと考えると、この社会に何の疑問も持たず暮らしている我々こそが裁きを受けるべき。だなんてメッセージが込められているのかもしれません。

重盛の夢で見た雪のシーン


これもまたよく見ないと分からない!
この夢の中で重盛、咲江、三隅の3人が雪の上で寝転びます。ここで注目してほしいのが、三隅と咲江は足跡で描いた「溝の内側」にいるということ。重盛だけ仲間外れです

重盛の父が言っていた

「殺人を犯すものとそうでない者の間には深い溝がある。」

これに繋がる訳です。こんなの初見では気付きようがありません。夢のシーンではありますが、咲江と三隅の共犯ということを示唆していたんですね。共犯という言い方もおかしいですが。

本作が伝えたいこと


この映画には様々なテーマがギュッと詰まってる。殺人事件というメインに引っ張られすぎてはいけないのです。

夫を殺されたのにも関わらず、バッチリと化粧をし嘘くさい涙を流す母
父親への甘え方が分からずに万引きをして無理やり会う娘
予定調和をするだけの裁判

嘘つきだらけのこの世界で何を信じれば良いのか。それは誰にも分かりません
でもそれこそが本作の真実なのです。
「何も分からないのが真実」なんて矛盾しているかもしれませんが、この世の真理だともいえるはず。
観終わった後のモヤモヤを自分の中で咀嚼しながら、味わう。これこそが『三度目の殺人』の楽しみ方なのです。