『クソ野郎と美しき世界』を見た!SMAPファンじゃない僕の正直な感想

Amazonプライムの作品で暇つぶししようとしていたある日。見つけたんです『クソ野郎と美しき世界』を
新しい地図の3人が主演したオムニバス形式の映画ということは知っていましたが、ファンムービーという印象が強く手を付けていなかった本作。
何の贔屓目もなしでレビューしていきます。

作品解説

稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛と4人の監督がコラボレーションしたオムニバス。『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』などの園子温監督と稲垣吾郎、演劇プロデュースユニット「城山羊の会」で活動し『ミツコ感覚』などでメガホンを取った山内ケンジ監督と香取慎吾、お笑いコンビ・爆笑問題の太田光監督と草なぎ剛が組み、 エピソード4の監督を映像ディレクターの児玉裕一が担当する。

あらすじ

全速力で走るフジコと、フジコを追うマスクをした極悪人マッドドッグは、天才ピアニストのもとへ向かう(『ピアニストを撃つな!』)。

歌を食べる少女「歌喰い」と歌えないアーティストは……(『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』)。

失った息子の右腕を捜す旅をしている夫婦が、沖縄の海にたどり着き……(『光へ、航る』)。

クソ野郎たちが集まるダンスフロアで……(『新しい詩(うた)』)

一つずついきますね

ピアニストを撃つな!


園子温と稲垣吾郎さんのタッグ。もうこの文字面だけで期待値は自然と跳ね上がります。
さらに、オムニバス形式の一発目を飾るという点でも相当重要なポジション!

さすが園子温さん!彼らしい生々しさと勢いを随所に感じる作品になっていたと思います。確かに1本目に持ってくるならこれしかないよなぁと納得

個人的に園子温作品って好きじゃない。むしろ嫌いなんですが、それでも見れたのは園子温らしさが薄れていたからからだと思います(笑)
多分2時間ずっと園子温ワールドだったら耐えきれなかった。

なんですが、ちょっと残念だったのが「稲垣吾郎×園子温」の化学反応が余り感じられなかったこと。
園子温特有の「熱さ」をもっと出してほしかった。せっかく稲垣さんが良い演技をしているのに…。もっと殻を破れるだろ!と突っ込みたくなりました
まあ園子温嫌いな私にとっては丁度良かったんですが、折角ならもっとイカれた作品にしてほしかった。

『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』


これはファンの人グッとくるだろうな…。だってほぼドキュメンタリーですもんねこれ…
歌を奪われたけど、違う形で自分を表現したいっていう、まさに「SMAP解散~新しい地図誕生までの本人じゃん。」というかなりスリリングな設定

と外側だけ見ればシリアスな雰囲気なんですけど、中身は全然ユーモアも効いてますし、話全体に漂うセンスは凄く好きでした。
「あ~、慎吾ちゃんこういうの好きそう。」なんて思っちゃたり。

『光へ、航る』


圧倒的ナンバーワンでしょうね。オムニバスの中でもこれがダントツで好きです私は
やっぱり、役者モードの草彅剛は半端ない!!
最初の顔のアップ。何でしょうねあの色気と貫禄とミステリアスさは
カッコいいとかっていう次元を超えてしまった存在がそこにはいました。何回見ても飽きない顔ですよホント

太田光さんんが監督ということで、その持ち味が存分に出てました。時折挟まるユーモアも良いセンスでしたし、相手役の尾野真千子さんの演技力も相まって最高の雰囲気!
「草彅剛×尾野真千子」って相性抜群ですね。ぜひ他の作品でも共演してほしい。

ケチつけようと思えばいくらでもつけれるんですが、雰囲気作りが予想の15倍くらい良かったのでオールOKです(笑)

『新しい詩(うた)』


みんな大集合です。祭りだワッショイワッショイな感じ
やっぱり現実とリンクさせちゃうんですが、香取慎吾さんが新しい歌を取り戻して、そして前を向いていくと。これはもう「新しい地図」の始まりを描いているでしょうし、昔ながらのファンは勿論、それ以外の人でも一定のカタルシスは感じちゃうんですよね。
憎い演出してくれるよね

このパートに関しては、完全にMVを見せられている感覚でした。あ、決して悪い意味じゃないですよ。むしろハイセンスなMVを観ている感覚なので全く苦ではなかったです。

総評

ん~、正直に言うと「無料で見れたし満足」って感じです。
オムニバス形式の映画って一番最後に全部繋がるのが気持ちいいわけで、最高のカタルシスを生むんですよね。でも本作はそのカタルシスが足りない…。
脚本の穴が目立ってしまうし、「駆け足で作ったのかな?」と感じる点が結構多かったです。
SMAPのメンバーというそれだけで無条件に作品のハードルが上がりますからね。それほど凄いメンバーということにもなるのですが

でも私は分かってます。
新しい地図の3人がこの映画で船出をとったということに意味があるんです。
SMAPファンではない私が見てもジーンとくるものがあったわけですしね。(「うわ!慎吾ちゃん映画出てる!良かったね~」みたいな)
そういう意味では「ファンムービーの域を出てない」というのが正直な感想ではありますが、これからの3人に大きく期待したくなる作品とも感じました。

やっぱりSMAPのメンバーはオーラがあるんです。画面に一人いるだけでニヤついてしまうような不思議な力が確実にあります。
もっと映画出てほしいなあホント

関連記事:『ムタフカズ』感想 こんな芸術的アニメ初めて!草彅剛さんの声の魅力とは!