遠藤憲一の魅力を感じる映画20選!

脇役から重要な役どころまで無難にこなす俳優・遠藤憲一

“コワモテ俳優”として有名だが、演技となれば話は別だ。

「クローズZERO」のヤクザ役から「RAILWAYS」での優しい役まで、その幅には枚挙がない。

本記事では、そんなベテランカメレオン俳優・遠藤憲一が出演する映画を20作品選んだ。

見た目とは裏腹に、茶目っ気のある可愛らしい内面まで見える作品も選んだので、ぜひ参考にしてほしい。

映画やドラマで遠藤憲一が重宝される理由、その答えがここにある。

遠藤憲一が出演しているおすすめ映画20選!

遠藤憲一が出演している映画を20選、ピックアップしてみたので是非確認して欲しい。

新しい作品からマイナーな作品まで選り取り見取りとなっているので、遠藤憲一の映画作品をしりたい人は必見だ。

天国から来た男たち(2001)

あらすじ

商社マンの早坂は取引成立の為に、会社から大統領候補に賄賂を渡す任務を受けてフィリピンに降り立つが、税関で身に覚えのない麻薬不法所持で投獄されてしまう。

けれど刑務所には同じような日本人が何人もいて、のびのびと暮らしており…

見どころ

フィリピンで麻薬不法所持の疑いで逮捕されてしまった男の話。

主演は吉川晃司で、遠藤憲一は脇役として出演している。

遠藤憲一演じる海野は、刑務所の中で若いフィリピーナと結婚している役だ。

主人公は冴えない役で、特に目立った弾ける役でもない。

その中でも、最後の最後に美味しいところ持っていくのが、この海野なのである。

なかなかクレイジーな弾けた役を演じているので、脇役ながらもその存在感は確かに感じられるだろう。

ツイッターの反応

誰も知らない(2004)

あらすじ

母親と子どもの二人暮らしの家族。

この母親けい子は引っ越しの際、子どもである明に二人だけの引っ越しだと嘘をつく。

しかし実際は子どもが4人もいて、全員学校にも通ったことがなかった。

アパートの一室で母親を待ち続け、生活を続ける子どもたちの行方は…。

見どころ

父親が違う兄妹4人と母親の物語。

主演を務めたのはわずか12歳の柳楽優弥。

遠藤憲一は、柳楽優弥演じる明の話し相手になる、パチンコ屋の店員として出演。

主演・柳楽優弥の素晴らしい演技力に目が行きがちになるが、遠藤憲一のちょっとした会話の中に見られる大人の演技にも注目だ。

この映画の本質は、男の子が少年に変わっていく様を描いたもの。

その中で男として彼の演技は、比較対象として目が行くことだろう。

ツイッターの反応

明日の記憶(2006)

あらすじ

広告代理店に勤める佐伯雅行は平凡だが幸せな生活を送っていたが、ある日突然若年性アルツハイマーになってしまい病魔と闘う日々に。

妻は献身的に彼を支え続けるが、身も心も疲れ果てていた。

しかし、来るべき時まで良き妻であり続けようと看病を続け…。

見どころ

主演は渡辺謙。若年性アルツハイマーになってしまった男の物語。

順調かと思った生活が徐々に崩れ始める様は渡辺謙の演技も、妻役の樋口可南子の演技も本当に引き込まれてしまうほど素晴らしいものだ。

遠藤憲一は役名もない脇役だが演技力と存在感は確かなもの。

重い場面が続く本作の中で彼のちょっとした出演はなんだか少しほっとしてしまうかもしれない。

ツイッターの反応

GROW愚郎(2007)

あらすじ

家にも学校にも居場所のない地味な男子高校生の敦は、いっそのこと首を吊って死んでしまおうと考えていた。

しかし首を吊るために忍び込んだ廃墟で伝説の不良高校生3人組がいきなり登場し、冴えない敦に男らしくになれるよう色々手助けをしていく。

見どころ

謎の不良中年3人組との出会いを通して、成長していく高校生の姿を描いた青春映画。

主演は桐谷健太、寺島進、木下ほうか、菅田俊だ。

遠藤憲一はなかなか不遇な役ではあるが、それでもこの熱い映画に出演しているのは見て損はないだろう。

むしろ完成された俳優だからこそ、不遇な役でも素晴らしい演技力で記憶に残ること間違いなしだ。

ツイッターの反応

ふみ子の海(2007)

あらすじ

昭和初期、新潟の片田舎で医者にも見捨てられてしまった盲目のふみ子という少女がいた。

彼女は母のチヨと二人で暮らしていたが、母が病気のために盲学校へ行くのを断念し、あんまの師匠の元に弟子入りをする。

そんなある日、盲学校の先生と再会したチヨは点字を習うようになり…。

見どころ

実在した女性、粟津キヨという女性を描いた物語。

原作は市川信夫の「ふみ子の海」。

視覚障害教育に全てをささげた女性の物語だ。

主演は鈴木理子が務め、遠藤憲一は陸軍の少尉として出演。

彼の憎々しい演技は、ひたむきに生きる主演の鈴木理子演じるふみ子と違い、妙に心に残るものとなっている。

ツイッターの反応

自虐の詩(2007)

あらすじ

子どものころから不運続きの幸江は、乱暴者で酒飲みで、仕事もせずにギャンブルに明け暮れる亭主イサオに健気に尽くしていた。

幸江を見かねた人達が言い寄ってきても彼女はまっすぐ自分の気持ちを曲げずに、イサオと居るのが幸せだと実感する。

しかしある日、幸江の父親が刑務所帰りに現れ…?

見どころ

業田良家の人気4コマ漫画を実写映画化したもの。

主演は中谷美紀。夫役に阿部寛と豪華な俳優陣で固められた今作。

遠藤憲一はラーメン屋の店主を務める。

マンガのキャラと違って自分が強面なことを気にしていたようだが、一緒に演じた中谷美紀は好感を持って接してくれた模様。

その様子も演技の中から汲み取ることが出来るだろう。

特に西田敏行とのシーンは、本人も「西田さんとコントをしてみたかった」と言っている通り、クスッと笑えるところがあり見どころだ。

ツイッターの反応

クローズZERO(2007)

あらすじ

偏差値最低、品質最悪の不良高校生が集まる鈴蘭高校では、多数の派閥が覇権をめぐって毎日のように勢力争いを繰り広げていた。

そこへ鈴蘭覇権を本気で狙う滝谷源治が転入し、チンピラや片桐と友人になりながら勢力を拡大していった滝谷は…。

見どころ

原作は少年チャンピオンで連載していた高橋ヒロシの漫画「クローズ」を実写映画化したもの。

主演は小栗旬。

喧嘩シーンが一番の見どころと言えるが、その中で遠藤憲一はヤクザ役として出演。

見どころは学生たち若い俳優の喧嘩シーンであるのは間違いない。

しかし元々強面な彼には今作の映画、ヤクザの矢崎組組長ははまり役と言ってもいいだろう。

なんせ渋くて格好いい!若い俳優が多い中、ベテランの貫禄が光る存在感を示している。

コメディの遠藤憲一ではなく、渋くて格好いい彼を見たい人にはぜひおすすめしたい1本である。

ツイッターの反応

青空のルーレット(2007)

あらすじ

ミュージシャン志望のタツオや作家を目指す40歳の萩原たちは、ビルの窓ふきをしながら夢を追って仕事に励んでいた。

そんなある日タツオは、公園でバンドの練習中に耳の聞こえない少女、加奈子と知り合い親しくなる・

見どころ

辻内智貴の小説「青空のルーレット」を実写映画化したもの。

主演は塩谷瞬。

爽やかな映画になっており見ればきっと心がスッと洗われたようにすっきりすることだろう。

東京のビルで窓ふきのアルバイトをする若者たちを描いた映画だ。

遠藤恵一は高井商会の代表という脇役で出演。

一見良い人そうに見える彼がこの爽やかな映画の中でどんな本性を表していくのか、彼の演技力の変わり目にも注目。

ツイッターの反応

SSエスエス(2008)

あらすじ

倒産寸前の西山モータースで働くダイブツは、社長からボーナスの代わりに幻の車・三菱スタリオン4WDをもらう。

かつてレーサーだった彼はこの車をきっかけに、夢を追いかけていた若き日を思い出すが、今は家庭を持つ身で地味な生活を送っていた…。

見どころ

東本昌平の人気カーアクションコミックを実写映画化。

主演は哀川翔が務める。

プロのフリードライバーの夢に再起をかける役を熱演した。

遠藤恵一は哀川翔演じるダイブツと一緒に組んでいたドライバー栗原役として出演している。

哀川翔と遠藤憲一はVシネ時代から悪の組織と正義の組織として絡むことが多かったらしく、「同じ目線で仲間として一緒に立つというのはほぼ初めてだ」と語っている。

夢をあきらめない中年オヤジたちの必至に歩む姿は、是非一度見てみて欲しい。

ツイッターの反応

ハゲタカ(2009)

あらすじ

投資家から募ったファンドで徹底した合理主義を貫き企業を買いたたく、「ハゲタカ」の異名をとっていた鷹津政彦の元へ盟友・芝野健夫が現れた。

彼は日本有数の大手自動車会社を、巨大ファンドによる買収の危機から救って欲しいと頼んできて…。

見どころ

2007年にNHKにて放送されたドラマの映画化作品。

企業買収という斬新なテーマの今作に、遠藤憲一は日本を代表するアカマ自動車会社の社長・古谷役として出演。

中国系のファンドンに買収を仕掛けられる役だ。

自動車会社の社長という役に抜擢されるも遠藤憲一自身、車にはあまり詳しくないようで劇中にて新車を発表するシーンが大変だったと語っている。

社長らしい貫禄ある演技に、是非注目して見てもらいたい1本だ。

ツイッターの反応

RAILWAYS 49歳で運転士になった男の物語(2010)

あらすじ

大手家電メーカーで数々の実績を積み上げ、50歳を目前にしながら仕事に追われる日々を送る筒井。

一人暮らしの母が倒れたのをきっかけに故郷へ戻るが、その際に一畑電車の運転手になるという幼いころの夢を思い出し…。

見どころ

50歳を目前に電車の運転士になることを決意した男の、家族との再生ドラマ。

遠藤憲一は中井貴一演じる筒井の同級生役として出演。

主人公筒井の転職のきっかけとなったのが、母親の病気とそれからこの遠藤憲一演じる同期生・川平の死だ。

途中で事故にあって亡くなってしまうのでそんなに長い出演シーンはないが、主人公の転職のきっかけの一つを担う役どころなので、とても重要な役柄だと言えるだろう。

ツイッターの反応

きな子 見習い警察犬の物語(2010)

あらすじ

警察犬訓練士を目指す望月杏子は、入所した訓練所でラブラドール・レトリーバーの子犬・きな子と出会う。

体の弱いきな子は警察犬になるのが無理だと言われてしまい、自分がきな子を警察犬に育てると宣言した杏子は、一人と一匹で警察犬試験に何度も挑むが…?

見どころ

実在の話をモデルにした映画。

警察犬を目指す1匹のラブラドール・レトリーバーと、女性見習い訓練士を描いた物語だ。

主演は夏帆で、遠藤憲一はこの夏帆演じる望月杏子の父親役として出演。

父親役である遠藤憲一が訓練士として優秀であるがために、比べてしまい夢を挫折してしまうのである。

父親が亡くなったことによって訓練士を目指すので、遠藤憲一の出番はそう多くない。

しかし、父親らしい優しい笑顔はとても印象に残る演技となっているので、彼の素晴らしい演技力に思わずため息が出てしまう。

ツイッターの反応

エクレール お菓子放浪記(2011)

あらすじ

昭和18年春。施設を飛び出したアキオはついに感化院送りになってしまい、ホワイトサタンと呼ばれる指導員に目をつけられてしまう。

日々スパルタ式指導を受けていた彼にとっては、陽子先生の歌う「お菓子と娘」という曲が唯一の救いだった…。

見どころ

作家西村滋の自伝小説「お菓子放浪記」を実写映画化。

遠藤憲一は、一見怖そうなイメージがあるが、実はいい刑事さん、という役柄である。

強面でありながらも、優しい笑顔が印象的な遠藤憲一にはぴったりな役なのかもしれない。

出演シーン自体はそう多くないが重要な役柄として、見た人の印象に深く残ることは確実である。

ツイッターの反応

ツナグ(2012)

あらすじ

生きている人に亡くなっている人への再会の機会を設けることが出来る、「ツナグ」と呼ばれる使者の見習いをする高校生・歩美。

様々な依頼人の願いを叶える歩美だったが、死んだ者と生きる者が出会うのは本当に正しいのかと考えるようになり…。

見どころ

直木賞作家、辻村深月の小説「ツナグ」を実写映画化したもので、主演は松坂桃李。

一度だけ生者と死者を再開させることが出来る歩美が主役の今作にて、遠藤憲一は「がんで亡くなったおふくろに会いたい」と、歩美(松坂桃李)に依頼しに来る畠田を演じる。

遠藤憲一自身「気持ちを伝えることが下手くそだ」と語っており、ツナグに出たことによってもっときちんと気持ちを伝えようという気になったらしい。

このツナグに出たことによって、同じような人たちにも気持ちをしっかり伝える大切さを、演技によってツナグことが出来ている。

ツイッターの反応

ストロベリーナイト(2013)

あらすじ

警視庁捜査一課の刑事として活躍する姫川玲子が率いる班は、管轄内で起きた4人の殺人事件を担当することになる。

警察が特別捜査本部を設けて捜査に臨むなか、犯人を名指しした匿名情報が寄せられる。

しかし上層部からは黙殺しろとの命令をされ…

見どころ

竹内結子主演のドラマを映画化したもの。

孤高の女刑事役・姫川玲子を竹内結子が演じ遠藤憲一は姫川の隣の班の警部補・日下守を演じる。

今作の日下は必要な情報を自らの足で集め、クロの確証を得るまでウラ取りを続ける慎重派な役だ。

遠藤憲一はその強面さからか「いい加減に思われがちだが自分も慎重派なので、この日下の気持ちはよくわかる」と語っている。

自分に近いものを感じる役柄だからこそ、見ているこっちも思わず応援したくなってしまう演技になっている。

ツイッターの反応

土竜の唄 潜入捜査官 REIJI(2014)

あらすじ

正義感は強いものの警察署きっての問題児巡査・菊川玲二。

彼は上司からクビを宣言されてしまうが、その内実は関東一の広域暴力団・数寄矢会の轟周宝を逮捕するためだった。

モグラ…いわゆる潜入捜査官になれという命令を下された菊川玲二は…

見どころ

高橋のぼるの人気コミック「土竜の唄」を実写映画化。

主演は生田斗真で遠藤憲一は赤桐一美役として出演している。

今作の監督、三池崇史の作品に相当出たかったらしく、ある俳優の結婚式にて出会った時に、「なんで俺を使わないんだ!」と首を絞めたほどだ。

監督自身も「命の危険を感じてキャスティングした」とブラックジョークを飛ばしている。

演技で飛ばしすぎないように気を付けたらしいが、周りに影響されてつい飛ばしそうになった時もあるらしい。

遠藤憲一の飛ばしすぎていない演技は、勢いのある今作では逆に目立っているので要チェックだ。

ツイッターの反応

gift(2014)

あらすじ

輸入食品会社を一代で築きあげた篠崎と、母親の愛を知らずに育ち、ホストに騙されて借金を抱えてしまったキャバクラ嬢の沙織。

スリ未遂の被害者と加害者として出会い、そんな沙織に篠崎は100時間で100万円のアルバイトを提案する。

見どころ

今作は遠藤憲一演じる篠崎善三と松井玲奈演じる山根沙織のW主演。

孤独を抱えた男女が、特別な人に贈物を届けるためにたどる二人の旅路を描いた作品。

遠藤憲一は今作のようなロードムービーが好きと語っており、ようやく出演できたことに喜んだよう。

撮影中は天候が一番厄介だったらしく、劇中での空模様や天気などもチェックしてみると良いかもしれない。

愛知県だけに公開する予定の映画だったが、反響を呼び全国8県で公開された。

孤独な男が少しずつ松井玲奈演じる山根沙織に心を開いていく演技は必見。

ツイッターの反応

木屋町DARUMA(2015)

あらすじ

以前は京都木屋町一帯を支配する組織を率いていた勝浦は、5年前にある事件で両手・両足を失ってしまい、不自由な身体で責務者の自宅に押し掛け取り立てを行うことが仕事だった。

世話役としてついた坂本は、勝浦が両手・両足を失ってしまったのは事故ではないのではと疑問を持つようになり…?

見どころ

過激すぎる内容で物議をかもした丸野裕行原作の小説を実写化。

遠藤憲一は主演を務め、今作ではある事件で四肢を失った男の役を演じている。

ハンデのある体で責務者の家に乗り込み、嫌がらせをして借金を回収して生計を立てている。

なぜ四肢を失ったのか、ハンディキャップを抱えながらも悲哀を背負った男の熱演はまさに「怪演」と呼んでもいいだろう。

過激な内容なので見る人は要注意。

ツイッターの反応

うさぎ追いし(2016)

あらすじ

明治初期、上田藩の下級武士の家に生まれた勝三郎は町医者の山極吉哉の後を継ぐため上京し、婿養子として吉哉の娘・かね子と結婚。

東京大学で病理学を学び32歳で教授に昇進するも、結核を患い病と闘いながら人工がんの実験に挑み続けた。

見どころ

今作は初めて人工的ながんの発生実験に成功し、ノーベル医学性理学賞候補にもなった山極勝三郎の生涯を映画化したもの。

監督・近藤昭雄は、この映画を作るにあたって「主演は遠藤憲一に決めていた」と話すほど彼に思い入れがある作品になっている。

遠藤憲一自身も「高校中退の自分がこんな東大出の立派な人演じるなんて」と悩んだそうだ。

面白い映画にしたいという気持ちもあったらしく、監督と何度も話し合いをして堅苦しくならないように工夫をした場面が多々見受けられる。

まさに俳優と監督の二人三脚で作り上げた映画だと言っても過言ではないだろう。

ツイッターの反応

アウト&アウト(2018)

あらすじ

元ヤクザの矢能は小学2年生の少女・栞と二人で探偵事務所を営んでいたが、ある日1本の依頼電話が入る。

指定された場所に向かうと依頼主はすでに亡くなっており、拳銃に撃たれていることに気づく。

犯人に殺されかねない状況を何とかしようと二人は奮闘するが…

見どころ

今作はビーバップハイスクールで知られる、漫画家・きうちかずひろが木内一裕名義で発表した小説、「アウト&アウト」が原作の映画。

主演は遠藤憲一で、元ヤクザの探偵・矢能政男役を演じる。

一緒にパートナーを組むのが黒木栞演じる小学生の女の子・白鳥玉季。

元ヤクザということもあって今作の映画では強面を存分に使った演技を披露しているが、玉季役の栞には終始メロメロだったそう。

演技をするときはつい監督に口を出してしまうこともあるそうだが、アウト&アウトでは監督のイメージが明確に出来ていたので、言われた通りに演じたと話している。

ツイッターの反応

まとめ

遠藤憲一の映画を20本ピックアップしてみたが、如何だったろうか。

彼は俳優歴も長く個性派であることから、様々な映画のジャンルに出て色んな役に挑戦しているのが分かったと思う。

強面のせいでどうしてもヤクザのような役が目立つが、父親のような優しい顔を見せる役も意外と多い。

あなたはどの遠藤憲一が一番気になっただろう。

もし一つでも気に入った映画を見つける手助けが出来ていれば、幸いだ。

関連記事一覧