笑いが止まらない⁉dtvで観れるコメディ映画トップ8【洋画・邦画】

月額500円で120,000本以上の動画を視聴できる『dtv』。

その配信数から、dtv内には様々なジャンルの動画がそろっているわけですが、

な~んにも考えずに、爆笑したいわ~

心底笑って嫌なことなんか忘れよう!

なんて思うときありますよね。

そんなときは、思いっきり笑えるdtvの『コメディ映画』を観ようではありませんか!

そこで今回は、dtvで観れるおすすめのコメディ映画のトップ8作品を洋画・邦画それぞれ

ご紹介していこうと思います。

dtvで観れるおすすめのコメディ映画8選【洋画編】

なんちゃって家族

あらすじ

麻薬密売人デヴィット(ジェイソン・サダイキス)はギャングたちに商売品のマリファナと金を奪われてしまう。

その穴を埋めようとメキシコから麻薬を密輸することを命じられ、“家族旅行中の観光客なら怪しまれず越境できる!”と思いつく。

元ストリッパーのローズ(ジェニファー・アニストン)、童貞の青年ケニー(ウィル・ポールター)、万引き常習犯ケイシー(エマ・ロバーツ)とともにキャンピングカーでメキシコへ向かうが...。

偽家族!?

麻薬密輸のために集まった“偽家族”が繰り広げるおもしろ騒動をジェニファー・アニストン×ジェイソン・サダイスキ主演で描いたコメディ。

父は麻薬密売人、母はストリッパー、息子は童貞君で娘はホームレス...

このちょっと訳ありのデコボコ家族の掛け合いは、笑いのツボを押さえすぎです。

麻薬をメキシコから密輸するために奮闘する“偽家族”の姿に笑いの連鎖&家族の在り方を教えられる、違法なんだけどアットホームな最強コメディとなっています。

マスク

あらすじ

さえない銀行マン・スタンリー(ジム・キャリー)は、気は優しいが小心者で女子にモテるタイプでもない。

唯一の楽しみは“バックス・バニー”など往年のアニメを観ること。

ある日、彼はひょんなことから不思議なマスクを拾い、何気なく付けたとたん竜巻とともに彼の中のもう一人の自分『マスク』が現われた。

そしてマスクの力を借り、ナイトクラブで一目ぼれした歌姫・ティナ(キャメロン・ディアス)にアタックするのだが...。

分かりやすい面白さ

人間の潜在的欲望を引き出す古代の仮面をつけた青年が、謎の怪人“マスク”となって大活躍する姿を描いたファンタスティックコメディ。

仮面をつけたら超人に!

よくある設定の映画だけど、しがない銀行員でお人よしなスタンリーの豹変ぶりには驚きと笑いが隠せません。

語りで笑わせるというよりキレッキレのダンスや顔芸張りの表情でわかりやすい笑いなので子供と一緒に楽しめる作品です。

ハングオーバー シリーズ

あらすじ

二日後に結婚式を控えたダグ(ジャスティン・バーサ)は悪友2人と義理の弟を連れ、独身最後の夜を満喫するためラスベガスへ。

酒やギャンブルでバカ騒ぎをした4人はひどい二日酔いで翌日を迎え、前夜の記憶は完全抜けていた。

さらにホテルの部屋にいたのはダグではなく、代わりに1匹のトラと乳児が...。

お酒は怖いぜ…

『スタスキー&ハッチ』のトッド・フィリップス監督が手掛けた、スリリングでパワフルなコメディ。

ハングオーバー=二日酔い

お酒で失敗した経験がある方も多いと思いますが、本作に出てくる4人の男は失敗した~ではおさまらないほどの騒ぎを起こしていきます。

シリーズ3作とも「それはもうあり得ないでしょ」って思っちゃうほどの状況なのに、4人のくだらなさは笑いなしでは観ていられません。

ナイスガイズ!

あらすじ

1970年代のロサンゼルス。

シングルファーザーで酒浸り、おまけにちょっと間抜けな私立探偵・マーチ(ライアン・ゴズリン)は、腕っぷしの強い示談屋・ヒーリー(ラッセル・クロウ)と無理やりながらコンビを組むことに。

理由は行方不明になった少女を捜すため。

マーチの娘でしっかり者のホリー(アンガーリー・ライス)も加わり捜査を進めていくが、簡単に終わるはずだったその仕事は国家を揺るがす陰謀へと繋がっていき...。

いい男なのに!

ラッセル・クロウとライアン・ゴズリングの大俳優が共演した話題のアクションコメディ。

間抜けな私立探偵と腕力にものを言わせる示談屋、史上最強の凸凹バディの謎解きはダサいのにカッコいい!?

凸凹バディ・マーチとヒーリーのやり取りは有無を言わさずの面白さです。

カッコよく決めたいけどなぜか面白おかしくなってしまう彼らの奮闘姿はついつい応援したくなります。

ゾンビランド

あらすじ

新型ウイルスの感染拡大により、人類の大半がゾンビと化してしまった世界が舞台。

引きこもり青年・コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)は、この世界で“生き残るための32のルール”を作り実践しながら生き延びていた。

そんな中、最強のゾンビハンター・タラハシー(ウッディ・ハレルソン)や美少女詐欺師姉妹・ウィチタ(エマ・ストーン)とリトルロック(アビゲイル・ブレスリン)に出会う。

そして、ゾンビのいない夢の遊園地を目指すのだが...。

おもしろ~いゾンビ映画

人類の大半がゾンビと化した世界が舞台のホラーコメディ。

ホラー洋画では定番の“ゾンビ”ものは、暗くてただグロテスクで...というイメージですが本作は爽快&爆笑ゾンビ映画です。

もちろん、ゾンビさんも大勢出演しますから過激なアクションシーンは必須。

でも、ヘタレな主人公と個性的な仲間たちのやり取りはお腹を抱えて笑ってしまうほどのばかばかしさでスカッとするような。

ゾンビに追われるハラハラ感とゾンビ映画なのにこんなハッピーエンドあり⁉というラストに注目です。

おとなの恋の測り方

あらすじ

浮気性の夫と離婚して3年経ち、新しい恋を始めたいのになかなか始められない美人弁護士のディアーヌ(ヴィルジニー・エフィラ)。

ある日、レストランに忘れた彼女の携帯電話を拾った建築家のアレクサンドル(ジャン・デュジャルダン)という男性から電話がかかってきた。

彼の優し気な声と知的でユーモラスな話し方に惹かれ、新たな恋を見つけられるかもしれないと期待を抱く。

だが、携帯電話を受け取りに行くとそこにいたのはハンサムなのに自分より身長の低い男性だった。

笑ってキュンとして

映画「アーティスト」でオスカーに輝いたジャン・デュジャルダン主演のラブコメディ。

本作の見どころは“逆身長差カップル”のハートウォーミングな恋模様。

美しく聡明な女性弁護士と思わず「小さっ!」と言ってしまいそうなほど低身長の一流建築家が繰り広げるユーモラスで泣けるストーリーです。

2人で遭遇する数々のトラブルがギャグたっぷりの展開で笑いを誘います。

コメディでもあり、キュンとする恋愛物語でもあるとにかくほっこりな作品です。

モンスター上司

あらすじ

ニック(ジェイソン・ベイマン)、デイル(チャーリー・デイ)、カート(ジェイソン・サダイキス)は、それぞれ耐え難い上司の下で毎日うんざりする日々を送っていた。

自ら会社を辞めるつもりはない3人は、少しでもそんな毎日をマシにするため怪しげな元詐欺師のアドバイスを受けて「上司排除計画」を練る。

しかし、いざ実行に移すとそこには大きな落とし穴が待っていた。

どうせなら面白おかしく復習しちゃえ!

耐えがたい上司と顔を突き合わせて仕事をする3人の男たちが元詐欺師のアドバイスで“上司排除計画”を考案するちょっと過激なコメディ。

現代社会でも問題になっている『モンスター上司』。

このモンスター上司をどうにか懲らしめようとする、3人の男のキャラがバツグンなんです。

それぞれ仕事は違えど、モンスター上司という同じ悩みを抱える3人の爆笑逆襲劇はコミカルという表現では足りない!

まさに今モンスター上司に心が折れそう...なんて思っている方は是非ご覧になって頂きたい作品です。

スチュアートリトル シリーズ

あらすじ

リトル家は優しいパパ(ヒュー・ローリー)とママ(ジーナ・デイビス)、一人息子のジョージ(ジョナサン・リプニッキ)、猫のスノーベルの幸せな4人家族。

ある日リトル夫妻は、弟を欲しがるジョージのために養護施設に訪れた。

そこで人間の言葉を話すねずみ・スチュアートと出会い、気に入って養子に迎え入れることに。

家族を持つという夢が叶って大喜びのスチュアートだが、人間の弟を欲しがっていたジョージは不満気だった。

可愛い・面白い・暖かい

アメリカの人気作家E.B.ホワイトの名作を映画化したファミリーエンタテイメント。

本作の見どころはなんといっても、スチュアートのまるで人間のように愛らしい姿とリトル家の絵にかいたような幸せっぷりです。

最初はギクシャクした関係のジョージとスチュアート。

時間とともに2人で悩み、戦い、友達を作り、恋をしてどんどん絆が深まっていく様子が描かれています。

コメディ要素満載の映画ですが、兄弟や家族との愛をしみじみ感じるストーリーになっているのでファミリーで楽しめる作品です。

dtvで観れるおすすめのコメディ映画トップ8【邦画編】

ぼくたちと駐在さんの700日戦争

あらすじ

1970年代、ある田舎町に平凡だが発想はピカイチのママチャリ(市原隼人)、女子みたいな外見のジェミー(冨浦智嗣)、開業医の長男で恋愛担当のグレート井上(賀来賢人)たち7人の高校生がいた。

彼らは近所の駐在さん(佐々木蔵之介)にイタズラを仕掛け、青春を謳歌していたのだが、なんと駐在さんもまたイタズラで反撃。

高校生たちと駐在さんのイタズラ合戦が繰り広げられる。

なんかホッコリするよね。

人気ブログ小説を原作に、7人の男子高校生と駐在さんが繰り広げる奇想天外なイタズラ合戦を描いた青春コメディ。

本作の見どころはやはり“半”フィクションの高校生たちのばかばかしいのに全力なイタズラ。

速度取り締まり中、自転車なら違反にならないだろうと駐在さんの目の前を何度も全力疾走したり、倒れた人を装って落とし穴にはめたり。

まるでコントのような伝説のイタズラに爆笑必至です。

超高速!参勤交代

あらすじ

8代将軍・徳川吉宗の治世。

東北の小藩・湯長谷藩は幕府から、通常でも8日はかかり、莫大な費用を要する参勤交代をわずか“5日”で行うよう突然命じられる。

これは、湯長谷の金山を狙う老中・松平信祝(陣内孝則)の謀略で、弱小貧乏藩には無茶な話だった。

藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)は困惑しつつも、知恵を絞って参勤交代を可能にする奇想天外な作戦を練り実行に移すが...。

アイディアで勝て!

第37回城戸賞の入選作を、本木克英監督が映画化。

タイトルに“参勤交代”の文字があるので、ごく普通の歴史系時代劇と思われがちですが忘れちゃいけないのは『超高速』。

通常8日かけてする参勤交代をたった5日で成し遂げよという無理難題に、ユーモラスなアイデアで立ち向かうちょっと弱そうな武士たちに笑いが止まりません。

資金も人でも足りない中、藩主である内藤がひらめく奇想天外な作戦に注目です。

サバイバルファミリー

あらすじ

東京で暮らすごく平凡な一家、鈴木家。

ある朝、目を覚ますと突然すべての電化製品が停止しており、鈴木家だけでなく東京中で同じことが起きていた。

電車もガスも水道も止まり、途方に暮れる鈴木家。

そんな中、鈴木家の亭主関白な父親・義之(小日向文世)は家族を連れて東京を脱出することを決意するのだった。

矢口作品にハズレなし

「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」などの矢口史靖監督が脚本・監督を務めたサバイバルドラマ。

電気が消滅して人々の生活が危機を迎えた世界が舞台でシリアスなサバイバルシーン炸裂でどんより?と思いきやそんなシーンほど笑わずにいられません。

一方、全編に散りばめられたサバイバル対処法には「へ~」と思わず感心することばかりでちょっとした勉強にもなります。

停電の中、大活躍するお父さんと自転車にも注目です。

でも、この家族のマネはしない方がいいかも...。

トリガール

あらすじ

女子大生の鳥山ゆきな(土屋太鳳)は一目ぼれした先輩・高橋圭(高杉真宙)に誘われ、人力飛行サークルに入部する。

ゆきなは高橋とコンビを組んで鳥人間コンテストへの出場を目指していたが、実際に組むことになったのはヤンキーかぶれの先輩・坂場大志(間宮祥太郎)だった。

坂場に対し嫌悪感を抱き、トレーニングなどでも彼と張り合ってばかりのゆきなだったが...。

飛べ!

「100回泣くこと」などで知られる作家・中村航の小説を実写化した青春ラブコメディ。

テレビでもおなじみの「鳥人間コンテスト」に青春を懸ける人力飛行サークルが舞台となっています。

ケンカしながら全力でぶつかる、ゆきなと坂場のコンビがうるさいくらい面白いです。

毒舌でグサッとくる言葉を連発するのにお腹を抱えて笑ってしまいます。

作品全体を通して、ネガティブな面がないので思いっきり元気になりたいときにはとってもおすすめな作品です。

鴨川ホルモー

あらすじ

二浪の末、念願の京都大学に入学した安部(山田孝之)は、「京大青竜会」というサークルに入部。

安部は最初レジャーサークルか何かだと思っていたが、実態は京都に1000年伝わる競技“ホルモー”を繰り広げる怪しいサークルだった。

半信半疑のまま特訓に明け暮れる安部だったが...。

世界観についてこれれば最高の作品

人気作家・万城目学のベストセラーを映画化した青春コメディ。

しょうもない小競り合いがなんとも言えない笑いを引き出します。

謎の神事“ホルモー”に翻弄される大学生たちの絶妙なコミカルさと、体長30センチのキモ可愛いCGキャラが繰り広げるちょっと不思議なコメディです。

このCGキャラ実は1匹1匹全部違う動きをしているので注目して観てみて下さい。

家族はつらいよ

あらすじ

結婚50年を目前に控えた平田夫婦。

夫・周三(橋瓜功)はもうすぐ誕生日を迎える妻(吉行和子)にプレゼントを贈ろうと欲しいものを訪ねた。

なんと、返ってきた答えは“離婚届”。

突然持ち上がった離婚話に彼らの子供たちは大騒ぎし、すぐに家族会議が開かれることになるが、長年我慢してきたお互いの不満が噴出してしまう。

家族と生きるって素敵なんだなあ

「男はつらいよ」シリーズなどの名匠・山田洋二監督によるコメディドラマ。

核家族化が当たり前となった現代の日本では一見珍しく思える2世帯同居の家族がモチーフの映画です。

あの国民的アニメを思わせるような設定で、諸家族事情にクスクスとどこかあたたかい笑いが盛り込まれています。

お腹を抱えて大爆笑というコメディではありませんが、優しい笑いありの山田洋二作品らしい心しみる映画です。

少年メリケンサック

あらすじ

レコード会社に勤務する栗田かんな(宮崎あおい)は新人発掘を担当していた。

ネットで偶然見つけたイケメンパンクバンド「少年メリケンサック」に惹かれ、メジャーデビューの話を持ち掛ける。

しかし、ネットの動画は25年前に撮影されたもので実際彼らは50歳に近いオヤジばかりだった...。

想定外の事態に動揺するかんなだったが、そのバンドの全国ツアーに同行することになり...。

パンクコメディ!

多彩な分野で活躍する“クドカン”こと宮藤官九郎監督の2作目となるハイテンションなコメディ。

ひょんなことから、凶暴オヤジ4人組のパンクバンドを引き連れ、全国ツアーに出ることになったOL・かんなのはじけっぷりは観ているこっちまでスッキリします。

オヤジパンクバンド「少年メリケンサック」とかんなのtheパンクなやり取りは最高!

観終わったあともクスッと笑えるようなあと味はクドカン作品ならではです。

俺はまだ本気出してないだけ

あらすじ

子持ち・バツイチ・中年42歳の大黒シズオ(堤真一)は、“本当の自分を探す”という理由で考えなしに会社を辞めるが、毎日朝からゲームばかり。

高校生の娘に借金をし、父親からは毎日怒られ、バイトではミスの連発...

ダメダメな日々を送っていたシズオは、突然、漫画家になると宣言するのだった。

本気出したら凄いんだから

青野春秋の連載人気漫画をコメディの天才・福田雄一監督が映画化。

42歳無職の中年男が思い付きで漫画化を目指す...

「大丈夫かよ」

って思ってしまうほどのダメダメ人生を福田監督らしさ満載のゆる~く微笑ましく描いた作品です。

見た目も中身もゆるゆるなシズオの無謀な転職を認めない父親とのトークはごもっともすぎて笑えちゃいます。

まとめ

洋画・邦画ともにあらすじだけでそそられる作品ばかりです。

dtvでは、クスクス笑えるものからお腹を抱えて大笑いできるものまで豊富にそろっています。

その中から、今みなさんが一番求めている笑いをチョイスしてみて下さい。

「ちょっと気になるかも...」

と思った方は、是非31日間の無料お試しから始めてみていかがでしょうか?

関連記事一覧