Huluで観れるヒューマンドラマのおすすめ映画をピックアップ!【洋画&邦画】

Huluには心温まるヒューマンドラマが沢山あります!

「困難に立ち向かう主人公を見ていると自分も頑張ろうという気持ちになれる」

「仕事に行き詰った日々に癒しを求めたい」

そんなあなたのためにHuluで観ることのできるヒューマンドラマを8本、ピックアップしてみました!

家でゆったりしながら、心に響く作品を見れば人生観が変わるかも…。

Huluで観れるおすすめのヒューマンドラマ映画Top8【洋画編】

Huluで観ることのできる洋画を8本ピックアップしていきます。

洋画は何よりもその豊富な表現に魅力があります。

ただのヒューマンドラマだけでは終わらせない作品が沢山!

是非チェックしてみて下さいね!

第8位 ショーシャンクの空に(1994)

あらすじ

妻とその愛人を殺害してしまいショーシャンク刑務所送りとなった銀行家のアンディは、初めは刑務所にいる受刑者たちに戸惑いを隠せなかった。

しかし、やがて彼は自ら持つ不思議な魅力ですさんだ受刑者たちの心をつかんでいくことになる。

映画のお手本

この映画は「良い環境は自分の手で作り上げていくとこが出来る」ということが、丁寧に描写されています。

どれだけ酷い環境に居ようと自分から行動して、良い事をすれば自分を見る目も周りの目も変わっていく…。

特に日本人は環境を気にする人が多いので、この映画を見て抜け出せるチャンスはいくらでもあるんだと、希望を持つことが出来ると思います。

第7位 アイ・アム・サム(2001)

あらすじ

知的障害のために7歳の知識しかないサムは、スターバックスで働きながら一人娘のルーシーを育てていた。

母親はルーシーを産むとすぐに姿を消してしまっていたが、2人は周りの理解ある人たちに囲まれて幸せに暮らしていたのだが…。

あなたはどんな感情を持つ?

知的障害を持つ父親役をしたショーン・ペンは当時、話題になりました。

娘役のダコタ・ファニングの演技も相まって本当に親子のように見え、ショーン・ペンンの演技力には脱帽したくなります。

本当に知的障がい者にしか見えないのは彼の演技力あってこそ。

それだけでもう物語に深みが増します。

親子の愛の深さも胸が温まりますし、周りの暖かいサポートにも優しい気持ちになれます。

ただ実際は賛否両論分かれる映画。

この映画を見てあなたが感動するのか、はたまた違う感情を持つのかは自分の目で見て判断してみて下さいね。

第6位 アイ・アム・レジェンド(2007)

あらすじ

2012年、人類が滅亡してしまった地球で有能な科学者のロバート・ネビルたった1人だけが生き残る。

彼は孤独と闘いながら愛犬サムと共に3年間、他の生存者を信じて戦い続けた。

孤独な男

人類が滅亡した世界で、たった一人生き残った男役としてウィル・スミスが抜擢。

ウィル・スミス演じるネビル博士はこの人類滅亡の原因となった、とあるウィルスをなくすために感染源になったニューヨークにて1人で研究を続けます。

どうにか抗体を作り出そうと、必死に研究に研究を重ねていくんですが…1人しかいない空間で3年間も生き続けるのはきっと並みの精神力じゃできません。

タイトルの通り、彼はアイ・アム・レジェンドになれたのか。

孤独に戦ってきた男の結末がどうなるのか、彼の決意にきっと心打たれるに違いありません。

第5位 ドリームハウス(2011)

あらすじ

家族と向き合う時間を増やそうと、ウィルは会社を退社して郊外の家に暮らすことに決める。

その家は父親以外が殺害されたいわくつきの家だったが、特に何も起きることもなく、妻のリジーや子どもたちとの穏やかな日々を過ごしていた…。

そんな展開アリ!?

ダニエル・クレイグ主演のドリームハウス。この映画は大どんでん返しがある映画なので、ネタバレを避けるためにはあまり詳しい事を語ることが出来ません。

けれど序盤の家族のほんわかした会話や生活は、とても和みます。

序盤の展開からは予想が付かない超どんでん返しは必見!

思わず2度続けて観てしまうかもしれませんよ。

第4位 アンコール!!(2012)

あらすじ

寡黙でとっつきにくい性格が災いし、周囲から筋金入りの頑固おじさんとして扱われてしまったアーサー。

彼はこの性格や周囲の環境も関係し、息子との間にも溝が出来てしまう。

そんな彼の愛する妻に、ある日がんが再発してしまい…?

愛ってこれ

頑固なおじさんの役としてテレンス・スタンプを起用。

頑固者の演技は歳を重ねたからこそ出来るもので、ムスッとした顔つきやしわの深さなどから、彼の人生がよく見えてきます。

そんな頑固者の主人公ですが妻への愛はホンモノ。彼が魅せる無償の愛に思わず心が締め付けられます…。

人物描写が本当に丁寧に描かれてるので、感情移入もしやすいはず!

妻のために始めたコーラスで少しずつ周りの人と打ち解けていく様子は特に必見ですよ。

第3位 アメリカン・スナイパー(2014)

あらすじ

イラク戦争に出征したアメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの隊員、クリス・カイルはスナイパーである。

「誰一人残さない」というネイビーシールズのモットーの元、従うようにして仲間たちを徹底的に援護し続けるのだが…。

海を渡ればこんな世界がある。という事実

戦場に何度も向かい、そのことが災いしてPTSDに苦しめられる男の物語です。

日本では戦争というとどこか遠い国のお話のように感じてしまいますが、本作を観ると生々しさを肌で感じてしまいます。

戦場で戦っている人が居るということは、守られている人もいるという事。

“無関心でいれる環境”がどれだけ平和で愚かか…。

そして何よりも、戦争がないのが一番だと思える映画でもあります。

第2位 セッション(2014)

あらすじ

名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意をするニーマンを待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャー。

彼はひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を引きさすためには暴力も辞さない考え方だった。

熱いぜ!

ジャズドラマーになるためにのし上がる男と自分の理想のジャズを追求し生徒を育てる、狂気のジャズ狂いによる2人の男の物語。

なんと言っても見どころは鬼教師・フレッチャーでしょう。

ジャズに狂いすぎた彼の怪演は本当に見ていてすごいです。

それについていくフレッチャーも、負けず劣らずのジャズ狂いなのがまたすごい。

ジャズが愛しすぎるがゆえにぶつかり合う男たちの熱いバトルは、もはや喧嘩なのかと思うぐらいです。

フレッチャーはドラマーとして成長しセッションすることが出来たのか。

熱い男たちのセッションを見届けてみて下さい。

第1位 怪物はささやく(2016)

あらすじ

母親が重病に侵されている13歳の少年コナーは、毎晩悪夢にうなされていた。

ある夜、彼の前に樹木の姿をした怪物が現れ、とあることを告げる。

「3つ物語を語り終えたら、4つ目はお前が話せ。隠す真実も語れ」と言われてしまい…。

見どころ

この映画は児童文学書を実写映画化したものです。

少年と怪物の話になっていますが、怖い描写があるわけではありませんのでご安心を!

むしろこの物語は真逆です。

怖い物語というよりは、「病気で苦しむ母親と、それに対するコナーの愛情を確かめる物語」になっているんです。

途中に挟まれるアニメーションもファンタジー要素もナイスなエッセンスになっています。

不思議&温かみを感じる独自の世界観を堪能あれ!

Huluで観れるおすすめのヒューマンドラマ映画Top8【邦画編】

次は邦画のヒューマンドラマについてあげていくので、是非邦画もチェックしてみてくださいね!

第8位 ALWAYS 三丁目の夕日(2005)

あらすじ

東京下町の夕日三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子が住み込みで働きに来る。

それと同時に、なぜか鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主の家でも、見ず知らずの少年の面倒を見ることになり…。

ノスタルジーの塊

昔懐かしの昭和33年を舞台にした今作。

シリーズものでどれも人気が高かった映画ですね。

東京タワーも建設途中だし、ビルもまだそんなに立っていないから綺麗な夕日を眺めることが出来る。

この時代を生きていない人でも、なんだか懐かしく思えてしまう…そんな作りになっています。

昔懐かしの昭和のころを生きていた人たちの様子は、どれも心温まるストーリーばかり。

懐かしい気持ちに浸りたい人、優しいほんわかした気持ちになりたい人に特におすすめしたい1作です。

第7位 かもめ食堂(2005)

あらすじ

サチエはヘルシンキで「かもめ食堂」を始めたものの、客はゼロという始末。

そんなある日、彼女は記念すべき最初の客・日本かぶれの青年トンミに、ガッチャマンの歌詞を教えてくれと言われる。

あったけえ…

群ようこが書き下ろした話を映画化したもの。

ほんわかと温かな気持ちになるこの映画は、見ているととても心が落ち着きます。

ヘルシンキを舞台に人と人との繋がりや、優しさをテーマに散りばめられた様々な伏線も見事の一言。

特に意味がないように思う事にも意味がある。これって人生そのものに通ずることですよね。

細かいところまで見れば面白さが何倍にも跳ね上がる映画だと思いますよ。

コーヒーを飲みながらゆったりと観賞するのがおすすめ!

第6位 百円の恋(2014)

あらすじ

32歳の一子は実家でだらしない毎日を過ごしていたが、離婚して戻ってきた妹と喧嘩してしまい一人暮らしをすることに。

100円ショップで働きながら変わらない日々を送っていたが、ボクサーの狩野と恋に落ちてしまい…?

見どころ

安藤サクラ主演の映画です。作品ごとに顔がガラッと変わる演技力には脱帽するばかり…!

ダメダメだった一子がボクサーと恋をして、幸せになるのかと思いきや…?

世の中そうそう甘くない、という感じがひしひしと伝わってきます。

けれど世の中は甘くなくても人は変わることが出来るし、変わろうという意識さえあればいくらでも魅力的になれる…

この映画はそんな普遍的なことを改めて教えてくれます。

第5位 舟を編む(2013)

あらすじ

玄武書房に勤務する馬締光也は、職場の営業部では変人扱いされていた。

しかし、言葉に対する並外れた感性を見抜かれ辞書編集部に配属される。

新しい辞書「大渡海」の編さんに従事するのは、個性の強いメンツばかりだった…。

いい距離感

三浦しをんの原作小説を実写映画化したもの。

辞書作りがテーマの今作は、一風変わった風に見えるかもしれません。

けれど中身を見てみると、人と接するのが苦手な光也が辞書作りを通して成長していく様が丁寧に描写されているんです。

周りと協力することによって、段々と話せるようになってきて変わっていく様は見ていて自然と心が惹かれます。

辞書を作るシーンも言葉の大切さに改めて気づかされますし、周りの環境によって主人公が成長していく様を見届けたい人には特におすすめ。

第4位 ビリギャル(2015)

あらすじ

名古屋の女子高に通うお気楽女子高生のさやかは、全く勉強もせずに毎日友人達と遊んで暮らしていた。

しかし、今の状態では大学に進学することもままならないと案じた母は、塾に通うようにさやかに言いつけ…。

やれば出来るもん!

主演に有村架純を抜擢し、ギャル役ということで髪を金髪に染めて挑戦。

この映画は実際にあった実話で、塾講師の「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話」が元になっています。

慶応大学を目指したきっかけは「慶応にはイケている男が多そうだったから」という何とも単純な理由。

それでも徐々に勉強に励む有村架純演じるさやかの周りにいる人たちも、みんな優しくて暖かいんです。

受験は1人で挑むものですが、周りの支えや配慮があり、人に支えてもらうことの重要さも実感できる作品だと思います。

第3位 リップヴァンウィンクルの花嫁(2016)

あらすじ

東京で派遣教員をしている皆川七海は、鉄也とSNSで知り合ったのちに結婚することに。

結婚式の代理出席をなんでも屋の安室に頼むが、間もなく哲也の浮気が明るみに出てしまい…。

一歩間違えれば闇

岩井俊二監督の美学が炸裂した名作。

この物語は、なかなか言葉では語ることが難しい映画です。

まるで夢物語のようなキラキラさと現実の非情さが絶妙なバランスで入り混じっています。

いや、非情さをリアルに描いているからこそ光って見える場面が輝いているのかもしれません。

岩井監督らしい胸がざわつく感じは健在なので、ちょっと胸をざわつかせたい人にはおすすめしたい作品。

第2位 怒り(2016)

あらすじ

八王子で起きた凄惨な殺人事件の現場には「怒」の地文字が発見され、事件から1年が経過しても未解決のまま。

洋平と娘の愛子が暮らす千葉の漁港で田代と名乗る青年が働き始めると、愛子は彼と恋仲になり…。

その“怒り”は誰に対して?

この怒りは千葉編・東京編・沖縄編の3部作に分けて作られています。

捕まらない殺人犯に、素性不明の男を重ねてもがき苦しむ人たちの物語。

素性不明の男役に千葉編では松山ケンイチが、沖縄編では森山未來が、東京編では綾野剛がそれぞれ扮しています。

タイトルにもあるこの「怒り」は何に対する、誰の怒りの感情なのか。

誰かを信じたいのに信じられない不条理さの先にあるものは一体何なのか。ぜひご自身の目で確かめてください。

第1位 22年目の告白―私が犯人です―(2017)

あらすじ

阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件が発生した1995年、3つのルールに基づく5件の殺人事件が起こった。

担当刑事の牧村航はあと少しで犯人を捕まえられそうだったものの、尊敬する上司を亡き者にされたうえに、犯人まで取り逃がしてしまった。

どうなっちゃうの!?

韓国映画の「殺人の告白」をベースに、日本ならではの要素を加えてアレンジした本作。

主演に藤原竜也、事件を追いかける刑事役に伊藤英明を抜擢。

韓国映画は派手なシーンが多くアクション映画としても楽しめる出来でしたが、日本のアレンジ版はサスペンス仕立てとなっています。

伊藤英明演じる刑事・牧村航は、藤原竜也演じる曽根崎雅人に大事な上司を殺され、妹まで行方不明に。

曽根崎が本当に犯人なのか、ということを探りながら物語が進んでいくんですが…。

怒涛の進み具合に、見ているとつい手が止まってしまうかもしれません。

まとめ

ヒューマンドラマのおすすめを8本あげていきましたが、いかがでしたでしょうか。

洋画は心に来る感動ものから実在した人の話まで、邦画は日本独特の要素をふんだんに使った見た人が誰でも感動してしまいそうなものまで、様々なものを集めてみました。

ヒューマンドラマだけではなく他の要素も含まれた映画もいくつかあるので、飽きがこないように観ることが出来るかと思います。

邦画、洋画それぞれ良い要素があるので、両方からぜひあなた推しの1本を見つけてみて下さいね!

関連記事一覧