土日はこれを観に行こう!!(2019年10月19日編)

今週も注目作が目白押し!
是非とも観に行ってほしい映画をいくつかピックアップしました。

ここは退屈迎えに来て

解説

山内マリコの小説を原作にしたヒューマンドラマ。東京から帰郷した27歳の女性が、自分の居場所を見いだそうとする姿を追う。メガホンを取るのは『ナミヤ雑貨店の奇蹟』『ママレード・ボーイ』などの廣木隆一。『PARKS パークス』などの橋本愛、『愛の渦』などの門脇麦、『ニワトリ★スター』などの成田凌らが共演。脚本を、劇団「MCR」の主宰で、ドラマ「相棒」などを担当してきた櫻井智也が手掛ける。

あらすじ

27歳の“私”(橋本愛)は、10年ぶりに東京から故郷に戻ってきた。実家に住みながらフリーライターとしてタウン誌の記事を書いて生計を立てるが、親にはフリーターのようにしか思ってもらえない。ある日、再会した高校時代の友人と、サッカー部のエースで憧れの存在だった椎名くん(成田凌)の話題になり、彼に会いに行くことになる。一方、東京に畏怖を抱くあまりに地元から出られずにいる椎名の元恋人の“あたし”(門脇麦)は、彼と過ごした青春時代の思い出が脳裏に焼き付いていて……。

20代から圧倒的共感を得た小説を実写化した本作。内容は勿論、フジファブリックが監修する音楽にも注目です!

億男

解説

『世界から猫が消えたなら』の原作者でプロデューサーとしても活動している川村元気の著書を、『ハゲタカ』シリーズなどの大友啓史監督が映画化。宝くじで3億円を当てた男が、真の幸せを探し求める姿を描く。主演は『るろうに剣心』シリーズで大友監督と組んだ佐藤健、主人公の親友に高橋一生がふんする。そのほか、藤原竜也、北村一輝、沢尻エリカ、池田エライザらが出演。

あらすじ

失踪した兄が残した借金の返済に追われ、妻子に見捨てられた図書館司書の一男(佐藤健)は、ある日突然宝くじで3億円が当たる。狂喜するも高額当選者たちが悲惨な人生を送っているという記事を読み不安になった彼は、億万長者になった大学時代の親友の九十九(高橋一生)に相談する。久々の再会に浮かれ酔いつぶれた一男が目覚めると、3億円と共に九十九の姿も消えていた。

笑いどころも泣きどころも期待させる予告となっていますね…!
北村一輝さんの実業家役がかなり面白そうな予感!

テルマ

『母の残像』などのヨアキム・トリアー監督がメガホンを取ったホラー。ノルウェーの自然を背景に、主人公の周りで起こる出来事の謎が少しずつ解き明かされていく。『THE WAVE/ザ・ウェイブ』などのアイリ・ハーボーをはじめ、『ブラインド 視線のエロス』などのエレン・ドリト・ピーターセンらが共演。

あらすじ

ノルウェーの片田舎の町で信心深く厳格な両親に育てられた少女テルマは、幼いころの記憶が抜け落ちていた。やがてオスロの大学に入学した彼女は、同級生のアンニャに、生まれて初めて恋心を抱く。テルマは湧き上がる欲望と罪の意識に苦悩するが、自分の気持ちを抑えることはできなかった。

北欧ホラーサスペンスってどうしてこうもヒリヒリした雰囲気を醸し出せるんでしょうか。
理屈で説明するよりも直感に響いてきそうな大注目ホラーを見逃すな!

マイ・プレシャス・リスト

解説

トロント国際映画祭などで高評価を得た青春ドラマ。高い知能指数を持つがコミュニケーション能力に乏しい女性が、セラピストからの課題をクリアしながら成長する姿を描く。

あらすじ

ニューヨーク、マンハッタン。IQ185を誇り、ハーバード大学を飛び級で卒業したキャリー(ベル・パウリー)は、仕事に就かず、友人も作らず、ただただ本を読んでばかりの毎日を過ごしていた。ある日、唯一の話し相手であるセラピストのペトロフ(ネイサン・レイン)からリストを渡され、記された六つの課題を実行するようにと言われる。キャリーは、金魚を飼い、好きだったチェリーソーダを飲み、新聞の出会い広告でデートの相手を探すといった課題をこなしていく。

ベル・ハウリーの拙い日本語が可愛い…。
みんな大好きこじらせ系ヒロインの登場!
「人とは違う主人公が幸せをつかむために翻弄する。」この設定だけでも期待度が跳ね上がってしまいますね。

ファイティン!

解説

『アンダードッグ 二人の男』『犯罪都市』などのマ・ドンソクを主演に迎え、アームレスリングに生きがいを見いだす男を描くスポーツドラマ。養子としてアメリカに渡った主人公が、祖国に戻りアームレスリングの世界に身を置く。『殺戮にいたる山岳』などのクォン・ユルや、『春の夢』などのハン・イェリらが共演する。

あらすじ

生まれて間もなく韓国からアメリカに養子に出された男(マ・ドンソク)は、かつてアームレスリングでトップになることを志していた。孤独な彼はクラブの用心棒として働いていたが、スポーツマネージャー(クォン・ユル)の甘い言葉に乗せられ、再度アームレスリングに挑戦することを決意して韓国に戻り、実の母親を訪ねる。

「どうせ泣かせるんでしょ?」感がプンプンする予告です。ドシンプルなストーリーだからこそ響くものってあるんですよね。
上腕筋50㎝の腕相撲エンタメを見逃さないで!!

関連記事:50センチの上腕筋!腕相撲アクション映画『ファイティン!』に注目せよ!!

皆さんが充実の映画ライフを感じる週末となりますように…。